Kamitani79-メロンとバナナとブログでタグ「ない」が付けられているもの

Movable Typeで通常の判定だと、前後のブログ記事またはウェブページがない場合、当然ですが何も表示されません。


位置を中心に配置した場合、バランスが悪いように見えてしまう。


■前後のブログ記事がある場合、以下のように表示されます。
※表示イメージ

■前のブログ記事がない場合、以下のように表示されます。
※表示イメージ

■次のブログ記事がない場合、以下のように表示されます。
※表示イメージ




前後のブログ記事またはウェブページがない場合、「前のページ」または「次のページ」のテキストのみ表示を行えば、バランスが取れるということになります。


■前のブログ記事がない場合、以下のように表示を行う。
※表示イメージ


<< 前のページ|トップページ次のページ >>

■次のブログ記事がない場合、以下のように表示を行う。
※表示イメージ


<< 前のページトップページ|次のページ >>



色んな方法があると思いますが、以下を行えば問題は解決する。


// 前後のブログ記事を判定する変数それぞれ「0:初期値」としてセット。
// 前後のブログ記事があった場合、変数に「1」をセット。
// 変数が「0」と等しければ、テキストを表示。


<div style="text-align:center;">

<MTSetVar name="previous_flag" value="0">
<MTSetVar name="next_flag" value="0">

<MTEntryPrevious>
<MTSetVar name="previous_flag" value="1">
<a href="<$MTEntryPermalink$>"><< 前のページ</a>|
</MTEntryPrevious>

<MTIf name="previous_flag" eq="0">
<< 前のページ|
</MTIf>

<a href="<$MTBlogURL$>">トップページ</a>

<MTEntryNext>
<MTSetVar name="next_flag" value="1">
|<a href="<$MTEntryPermalink$>">次のページ >></a>
</MTEntryNext>

<MTIf name="next_flag" eq="0">
|次のページ >>
</MTIf>

</div>


※ウェブページの場合でもタグを変えれば利用可能です。

Movable Typeで通常の判定だと、前後のブログ記事またはウェブページがない場合、当然ですが何も表示されません。


位置を中心に配置した場合、バランスが悪いように見えてしまう。


■前後のブログ記事がある場合、以下のように表示されます。
※表示イメージ

■前のブログ記事がない場合、以下のように表示されます。
※表示イメージ

■次のブログ記事がない場合、以下のように表示されます。
※表示イメージ




前後のブログ記事またはウェブページがない場合、「前のページ」または「次のページ」のテキストのみ表示を行えば、バランスが取れるということになります。


■前のブログ記事がない場合、以下のように表示を行う。
※表示イメージ


<< 前のページ|トップページ次のページ >>

■次のブログ記事がない場合、以下のように表示を行う。
※表示イメージ


<< 前のページトップページ|次のページ >>



色んな方法があると思いますが、以下を行えば問題は解決する。


// 前後のブログ記事を判定する変数それぞれ「0:初期値」としてセット。
// 前後のブログ記事があった場合、変数に「1」をセット。
// 変数が「0」と等しければ、テキストを表示。


<div style="text-align:center;">

<MTSetVar name="previous_flag" value="0">
<MTSetVar name="next_flag" value="0">

<MTEntryPrevious>
<MTSetVar name="previous_flag" value="1">
<a href="<$MTEntryPermalink$>"><< 前のページ</a>|
</MTEntryPrevious>

<MTIf name="previous_flag" eq="0">
<< 前のページ|
</MTIf>

<a href="<$MTBlogURL$>">トップページ</a>

<MTEntryNext>
<MTSetVar name="next_flag" value="1">
|<a href="<$MTEntryPermalink$>">次のページ >></a>
</MTEntryNext>

<MTIf name="next_flag" eq="0">
|次のページ >>
</MTIf>

</div>


※ウェブページの場合でもタグを変えれば利用可能です。

Movable Typeで通常の判定だと、前後のブログ記事またはウェブページがない場合、当然ですが何も表示されません。


位置を中心に配置した場合、バランスが悪いように見えてしまう。


■前後のブログ記事がある場合、以下のように表示されます。
※表示イメージ

■前のブログ記事がない場合、以下のように表示されます。
※表示イメージ

■次のブログ記事がない場合、以下のように表示されます。
※表示イメージ




前後のブログ記事またはウェブページがない場合、「前のページ」または「次のページ」のテキストのみ表示を行えば、バランスが取れるということになります。


■前のブログ記事がない場合、以下のように表示を行う。
※表示イメージ


<< 前のページ|トップページ次のページ >>

■次のブログ記事がない場合、以下のように表示を行う。
※表示イメージ


<< 前のページトップページ|次のページ >>



色んな方法があると思いますが、以下を行えば問題は解決する。


// 前後のブログ記事を判定する変数それぞれ「0:初期値」としてセット。
// 前後のブログ記事があった場合、変数に「1」をセット。
// 変数が「0」と等しければ、テキストを表示。


<div style="text-align:center;">

<MTSetVar name="previous_flag" value="0">
<MTSetVar name="next_flag" value="0">

<MTEntryPrevious>
<MTSetVar name="previous_flag" value="1">
<a href="<$MTEntryPermalink$>"><< 前のページ</a>|
</MTEntryPrevious>

<MTIf name="previous_flag" eq="0">
<< 前のページ|
</MTIf>

<a href="<$MTBlogURL$>">トップページ</a>

<MTEntryNext>
<MTSetVar name="next_flag" value="1">
|<a href="<$MTEntryPermalink$>">次のページ >></a>
</MTEntryNext>

<MTIf name="next_flag" eq="0">
|次のページ >>
</MTIf>

</div>


※ウェブページの場合でもタグを変えれば利用可能です。

Movable Typeで、入力欄に値が入っているか、入っていないかを判断することができる。


これが結構使う場所が多い。


<MTIfNonEmpty>~</MTIfNonEmpty>を利用します。


利用が多いキーワードから導入するといいと思います。


ブログ記事のキーワードが、「値,ある,ない,判断」とし、ブログ全体のキーワードが、「Movable Type」とする。


並びをブログ記事のキーワード、ブログ全体のキーワードの順にする。
「値,ある,ない,判断,Movable Type」このように表示されればよい。
METAのkeywordsの設定だと以下のように表示。
<meta name="keywords" content="値,ある,ない,判断,Movable Type" />


ブログ記事のキーワードは、<$MTEntryKeywords$>で呼び出せます。


「<$MTEntryKeywords$>,Movable Type」といった記述になります。
METAのkeywordsの設定だと以下のようにします。
<meta name="keywords" content="<$MTEntryKeywords$>,Movable Type" />


ここで問題がブログ記事自体に、キーワードを入れなかった場合は以下のようにカンマがある状態で表示に。


「,Movable Type」


METAのkeywordsの設定だと表示は以下のように表示されてしまう。
<meta name="keywords" content=",Movable Type" />


カンマがいらない。


そこで、<MTIfNonEmpty>?</MTIfNonEmpty>を使います。


値が入っているときだけ、カンマを表示、値が入っていないときは、カンマを非表示。


「<MTIfNonEmpty><$MTEntryKeywords$>,</MTIfNonEmpty>Movable Type」


<meta name="keywords" content="<MTIfNonEmpty><$MTEntryKeywords$>,</MTIfNonEmpty>Movable Type" />


ブログ記事のキーワードが、「値,ある,ない,判断」の場合、
<meta name="keywords" content="値,ある,ない,判断,Movable Type" />


ブログ記事のキーワードに値が何も入ってなかったら
<meta name="keywords" content="Movable Type" />


になる。


めでたし、めでたし。

Movable Typeで、入力欄に値が入っているか、入っていないかを判断することができる。


これが結構使う場所が多い。


<MTIfNonEmpty>~</MTIfNonEmpty>を利用します。


利用が多いキーワードから導入するといいと思います。


ブログ記事のキーワードが、「値,ある,ない,判断」とし、ブログ全体のキーワードが、「Movable Type」とする。


並びをブログ記事のキーワード、ブログ全体のキーワードの順にする。
「値,ある,ない,判断,Movable Type」このように表示されればよい。
METAのkeywordsの設定だと以下のように表示。
<meta name="keywords" content="値,ある,ない,判断,Movable Type" />


ブログ記事のキーワードは、<$MTEntryKeywords$>で呼び出せます。


「<$MTEntryKeywords$>,Movable Type」といった記述になります。
METAのkeywordsの設定だと以下のようにします。
<meta name="keywords" content="<$MTEntryKeywords$>,Movable Type" />


ここで問題がブログ記事自体に、キーワードを入れなかった場合は以下のようにカンマがある状態で表示に。


「,Movable Type」


METAのkeywordsの設定だと表示は以下のように表示されてしまう。
<meta name="keywords" content=",Movable Type" />


カンマがいらない。


そこで、<MTIfNonEmpty>?</MTIfNonEmpty>を使います。


値が入っているときだけ、カンマを表示、値が入っていないときは、カンマを非表示。


「<MTIfNonEmpty><$MTEntryKeywords$>,</MTIfNonEmpty>Movable Type」


<meta name="keywords" content="<MTIfNonEmpty><$MTEntryKeywords$>,</MTIfNonEmpty>Movable Type" />


ブログ記事のキーワードが、「値,ある,ない,判断」の場合、
<meta name="keywords" content="値,ある,ない,判断,Movable Type" />


ブログ記事のキーワードに値が何も入ってなかったら
<meta name="keywords" content="Movable Type" />


になる。


めでたし、めでたし。

Movable Typeで、入力欄に値が入っているか、入っていないかを判断することができる。


これが結構使う場所が多い。


<MTIfNonEmpty>~</MTIfNonEmpty>を利用します。


利用が多いキーワードから導入するといいと思います。


ブログ記事のキーワードが、「値,ある,ない,判断」とし、ブログ全体のキーワードが、「Movable Type」とする。


並びをブログ記事のキーワード、ブログ全体のキーワードの順にする。
「値,ある,ない,判断,Movable Type」このように表示されればよい。
METAのkeywordsの設定だと以下のように表示。
<meta name="keywords" content="値,ある,ない,判断,Movable Type" />


ブログ記事のキーワードは、<$MTEntryKeywords$>で呼び出せます。


「<$MTEntryKeywords$>,Movable Type」といった記述になります。
METAのkeywordsの設定だと以下のようにします。
<meta name="keywords" content="<$MTEntryKeywords$>,Movable Type" />


ここで問題がブログ記事自体に、キーワードを入れなかった場合は以下のようにカンマがある状態で表示に。


「,Movable Type」


METAのkeywordsの設定だと表示は以下のように表示されてしまう。
<meta name="keywords" content=",Movable Type" />


カンマがいらない。


そこで、<MTIfNonEmpty>?</MTIfNonEmpty>を使います。


値が入っているときだけ、カンマを表示、値が入っていないときは、カンマを非表示。


「<MTIfNonEmpty><$MTEntryKeywords$>,</MTIfNonEmpty>Movable Type」


<meta name="keywords" content="<MTIfNonEmpty><$MTEntryKeywords$>,</MTIfNonEmpty>Movable Type" />


ブログ記事のキーワードが、「値,ある,ない,判断」の場合、
<meta name="keywords" content="値,ある,ない,判断,Movable Type" />


ブログ記事のキーワードに値が何も入ってなかったら
<meta name="keywords" content="Movable Type" />


になる。


めでたし、めでたし。

プロフィール

Kamitani79
ニックネーム : Kamitani79
映画鑑賞、音楽、写真、ゲーム。地元・横浜をこよなく愛する( `・∀・´)ノヨロシク
自己紹介 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯サイト

つながり

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - Kamitani79-メロンとバナナとブログ
  • SEO
    loading
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.2.4

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。