Kamitani79-メロンとバナナとブログでタグ「アクセス解析」が付けられているもの

Google Analytics、携帯サイト向けのアクセス解析が正式対応になりました。


( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ


ページ名が取得されない問題がありますが、十分すぎる機能があります。
また設置自体も正式前と殆変わりません。


告知ページにも書いてありますが、以下のように設置をします。

1. モバイル用に新規プロファイルを追加します。(アカウントは既存のものがご利用になれます)
2. 通常のトラッキング コードの取得方法と同じ画面を開きます。
3. [アドバンス] タブをクリックして開きます。
4. ❶ で [携帯電話向けのサイト] を選択します。
5. PHP, Perl, JSP, ASPX の中から言語を選択します。(ご利用のサーバーがこれらの言語のいずれかをサポートしていることをご確認ください。)
6. ❷ で、選択した言語のコードが 2つ表示されるので、指定された場所にコードを実装します。
7. ❸ から、選択した言語の ga ファイルをダウンロードし、アクセス解析を行うサイトのルート ディレクトリにアップロードします。


PHPにてSSI利用の場合、以下にて公開していますので利用ください。
Google Analyticsで携帯サイトのアクセス解析を設置。(PHPをSSIにて利用)


ga.phpにて、$SERVERに1文字足りないところがあり、$_SERVERに修正してから設置する必要があります。そのうち修正されるかと思いますが。



Analytics 日本版 公式ブログ: モバイル向け Google Analytics がすべてのアカウントでご利用可能になりました

無料のアクセス解析「Google Analytics」携帯サイトのアクセス解析を設置して、少し時間が経ちました。当ブログの携帯サイトのキーワードを取得しました。


2009年10月25日から2009年11月15日まで、688種類のキーワード。
何処から来るのか、当然携帯の検索エンジン。


先月の某Web雑誌で、携帯サイトの流入は、「QRコード」、「携帯メール」、最後に「検索エンジン」と書いてあった。そうなんですか???


当ブログで取得するキーワードで見るとわかるように、携帯でも検索エンジンを利用して、サイトへアクセスするのである。他の携帯サイトでも同じ調査分析になるのである。


「携帯を使わないから、携帯検索エンジンから携帯サイトなんかに流入は絶対にない。」


「知らないからやらなくていい。PCが何が何でも絶対で完璧だ。」


という考えは非常に危なくないですか。知らないということは非常に危険だと思いますが如何でしょうか。


Google Analytics 携帯サイトのアクセス解析によるキーワード

無料のアクセス解析「Google Analytics」携帯サイトのアクセス解析で、HTMLファイルにてSSIを利用してPHPをインクルードできたのでご紹介。


SSIをHTMLで読み出す場合、.htaccess等に
以下を追加し、PHPと同じディレクトリに置きます。


AddHandler server-parsed html


次にGoogle Analytics Now More Powerful, Flexible And IntelligentのExpanded Mobile Reportingの「download snippet instructions」よりファイルをダウンロード。PHPフォルダ内を利用します。


・ga.phpをルートディレクトリに設置。


・php1.snippet内にあるコピーし、別名でphpファイルに。ファイルをエディターで開き、GA_ACCOUNTのところを取得している「UA-XXXXXXXXX」を「MO-XXXXXXXXX」に変えます。


以下になるようにします。


<?php
// Copyright 2009 Google Inc. All Rights Reserved.
$GA_ACCOUNT = "MO-XXXXXXXX";
$GA_PIXEL = "/ga.php";

function googleAnalyticsGetImageUrl() {
global $GA_ACCOUNT, $GA_PIXEL;
$url = "";
$url .= $GA_PIXEL . "?";
$url .= "utmac=" . $GA_ACCOUNT;
$url .= "&utmn=" . rand(0, 0x7fffffff);
$referer = $_SERVER["HTTP_REFERER"];
$query = $_SERVER["QUERY_STRING"];
$path = $_SERVER["REQUEST_URI"];
if (empty($referer)) {
$referer = "-";
}
$url .= "&utmr=" . urlencode($referer);
if (!empty($path)) {
$url .= "&utmp=" . urlencode($path);
}
$url .= "&guid=ON";
return str_replace("&", "&", $url);
}
?>
<?php
$googleAnalyticsImageUrl = googleAnalyticsGetImageUrl();
print ("<img src=\"$googleAnalyticsImageUrl\" width=\"1\" height=\"1\" alt=\"\" />");
?>


※ga.phpが呼べるようパスを確認しましょう。


最後に</body>前に上記のPHPを呼ぶように以下のコードを設置します。


<!--#include virtual="/ファイル名.php"-->


※保存したパスも確認をしましょう。データ取得まで1日待ちます。取得が可能かと思います。正式版までこちらで対応が可能かと思います。


※PHP4では動作しない模様です。PHP5以上が必須のようです。注意が必要です。

無料のアクセス解析「Google Analytics」に携帯サイトのアクセス解析が可能っていうことで、日本語での提供はまだですが、英語ページにはPHP、Perl、JSP、ASPX、各設置可能なファイルがダウンロードできるっていうことで、PHPにて設置。


きちんと設置ができておらず、取得ができていなく修正、再設置。データ取得まで待機。


Google Analytics Now More Powerful, Flexible And IntelligentのExpanded Mobile Reportingの「download snippet instructions」よりダウンロード。


PHPなら以下の手順でいけます。

・ga.phpをルートディレクトリに設置。


・php1.snippet内にあるコピーし、別名でphpファイルに。ファイルをエディターで開き、GA_ACCOUNTのところを取得している「UA-XXXXXXXXX」を「MO-XXXXXXXXX」に変えて保存。html開始の際に呼ぶようにサンプルではかかれていますが、</body>前に呼ぶようにテスト中。ga.phpが呼べるようパスを確認しましょう。


・以下コードを</body>前に貼り付ける。

<?php
$googleAnalyticsImageUrl = googleAnalyticsGetImageUrl();
?>
<img src="<?= $googleAnalyticsImageUrl ?>" width="1" height="1" />


※画像としてはないため表示として×印がでてしまうので、width="1" と height="1" を指定しました。
※php部分はphp1.snippetに含めてしまいました。テスト中。


SSIでも取得が可能なので、まずはきちんと取得できるまで待機。

Googleは2009年10月20日、無料のアクセス解析「Google Analytics」に多数の機能追加を行ったと発表しました。


主な機能は、目標設定項目の追加、表形式データのフィルタリング機能の強化、複数のカスタム変数の利用と共有、インテリジェントアラート機能・・・。


その中でも目玉といえる機能がそれは、


携帯サイトレポート機能の強化」


キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!


この時を待っていました。近い将来対応はするであろう機能がついに公式対応。


「携帯側でJavaScriptが実行できなくても携帯サイトのトラフィックレポートを得られるようになった。サーバーサイドに短いコードを追加することで実現したもので、PHP、Perl、JSP、ASPXに対応し、数週間のうちに発表される予定。」とのこと。


Google Analyticsで携帯サイトのアクセス解析が可能に。もちろん無料で。
個人や殆どの企業で十分すぎる機能を持つ「Google Analytics」が携帯に対応。


やたらと高い金額、まったくわかりづらく、ワクワクしない解析の表示方法の有料のアクセス解析。ついに開放されるときが来ました。これからは無視できなくなりますよ。


数週間後が非常に楽しみです


参照記事
Analytics 日本版 公式ブログ: Google Analytics 新機能公開のお知らせ

「Google Analytics」に、異変発生を自動通知する新機能 -INTERNET Watch

携帯サイト用の無料アクセス解析「うごくひと」がバージョンアップして「うごくひと2」に


「うごくひと2」は携帯サイト向けのアクセス解析ツール。個人・商用サイト利用可能。しかも商用サイトも無料。機能が大幅にバージョンアップしました。


Google Analyticsで携帯サイト分析を行うためのライブラリ「GA4K」を使っていましたが、セッション数とページビューが一緒だったり、検索エンジンでのキーワードも取れなかったり、せっかくフォーラムを設置してあるのに、ほぼ更新がとまっている状況だったので他にないかなと。


無料の携帯アクセス解析の「myRTモバイル」も使っていましたが、複数サイト管理できないのと、なんか見ていてワクワクしない。有料版に機能を削減していてお試し感覚で、力のいれようがあまり感じられないからかな。長く続けるきもあまりないとかあるとか。


「うごくひと」はバージョンアップする前から知っていましたし、使ったこともあったけど、いまいちな感じでした。でも今回のバージョンアップで優良のツールに。とてもいい。見た目わかりやすく、発行されるタグがPHPの方を組み込めば、検索エンジンのキーワードも取れるし、複数サイト管理できる。すばらしい。


PHPで携帯サイトを構築している場合はインクルードすればいい話ですが、HTMLで構築している場合、画像埋め込みのタグ利用でキーワードが取れない。


そこで、SSIを利用してPHPを動かしてしまいましょう。


SSIをHTMLで読み出す場合、.htaccess等に
以下を追加し、PHPと同じディレクトリに置きます。


AddHandler server-parsed html
AddType application/xhtml+xml .html
AddType application/xhtml+xml .xhtm .xhtml


「うごくひと2」のタグ設定の上級のPHPタグをコピーして以下のように書き換え、phpファイルとして保存。
変更は赤字で、ページタイトルもあわせて取得できるようにしています。




<?php
$page_title = $_GET["pagetitle"];
$UH2url = 'http://b09.ugo2.jp/?u=ここはユーザー情報&guid=ON&qM=';
$UH2url .= urlencode(isset($_SERVER['HTTP_REFERER'])?$_SERVER['HTTP_REFERER']:'').'|Az|'.(int)($_SERVER['SERVER_PORT']);
$UH2url .= '|'.urlencode($_SERVER['HTTP_HOST']).'|'.urlencode($_SERVER['REQUEST_URI']);
$UH2url .= '|H|&ch=ここは文字コード&sb='.urlencode($page_title);
print '<a href="http://ugo2.jp/m/">';
print '<img src="'.$UH2url.'" alt="携帯アクセス解析" width="72" height="16" />';
print '</a>';
?>




各HTMLソース内に以下コードを貼り付ける
PHPの場所はトップディレクトリから相対パスで指定してください。
ディクトリが「php」の場合、

<!--#include virtual="/php/ugokuhito.php?pagetitle=各ページタイトル"-->


またMovable Type(MT)を利用の場合は以下のようになります。
・メインページ:
<!--#include virtual="/php/ugokuhito.php?pagetitle=<$MTBlogName$>"-->


・ブログ記事:
<!--#include virtual="/php/ugokuhito.php?pagetitle=<$MTEntryTitle$>"-->


・・・など。


?????????? 終了 ???????????


これで、HTMLファイルでPHPを利用し、各ページタイトルを取得します。
参照サイトや検索エンジンからのキーワードを取得することができます。


是非お試しを。


(σ・∀・)σゲッツ!!

携帯サイト用の無料アクセス解析「うごくひと」がバージョンアップして「うごくひと2」に


「うごくひと2」は携帯サイト向けのアクセス解析ツール。個人・商用サイト利用可能。しかも商用サイトも無料。機能が大幅にバージョンアップしました。


Google Analyticsで携帯サイト分析を行うためのライブラリ「GA4K」を使っていましたが、セッション数とページビューが一緒だったり、検索エンジンでのキーワードも取れなかったり、せっかくフォーラムを設置してあるのに、ほぼ更新がとまっている状況だったので他にないかなと。


無料の携帯アクセス解析の「myRTモバイル」も使っていましたが、複数サイト管理できないのと、なんか見ていてワクワクしない。有料版に機能を削減していてお試し感覚で、力のいれようがあまり感じられないからかな。長く続けるきもあまりないとかあるとか。


「うごくひと」はバージョンアップする前から知っていましたし、使ったこともあったけど、いまいちな感じでした。でも今回のバージョンアップで優良のツールに。とてもいい。見た目わかりやすく、発行されるタグがPHPの方を組み込めば、検索エンジンのキーワードも取れるし、複数サイト管理できる。すばらしい。


PHPで携帯サイトを構築している場合はインクルードすればいい話ですが、HTMLで構築している場合、画像埋め込みのタグ利用でキーワードが取れない。


そこで、SSIを利用してPHPを動かしてしまいましょう。


SSIをHTMLで読み出す場合、.htaccess等に
以下を追加し、PHPと同じディレクトリに置きます。


AddHandler server-parsed html
AddType application/xhtml+xml .html
AddType application/xhtml+xml .xhtm .xhtml


「うごくひと2」のタグ設定の上級のPHPタグをコピーして以下のように書き換え、phpファイルとして保存。
変更は赤字で、ページタイトルもあわせて取得できるようにしています。




<?php
$page_title = $_GET["pagetitle"];
$UH2url = 'http://b09.ugo2.jp/?u=ここはユーザー情報&guid=ON&qM=';
$UH2url .= urlencode(isset($_SERVER['HTTP_REFERER'])?$_SERVER['HTTP_REFERER']:'').'|Az|'.(int)($_SERVER['SERVER_PORT']);
$UH2url .= '|'.urlencode($_SERVER['HTTP_HOST']).'|'.urlencode($_SERVER['REQUEST_URI']);
$UH2url .= '|H|&ch=ここは文字コード&sb='.urlencode($page_title);
print '<a href="http://ugo2.jp/m/">';
print '<img src="'.$UH2url.'" alt="携帯アクセス解析" width="72" height="16" />';
print '</a>';
?>




各HTMLソース内に以下コードを貼り付ける
PHPの場所はトップディレクトリから相対パスで指定してください。
ディクトリが「php」の場合、

<!--#include virtual="/php/ugokuhito.php?pagetitle=各ページタイトル"-->


またMovable Type(MT)を利用の場合は以下のようになります。
・メインページ:
<!--#include virtual="/php/ugokuhito.php?pagetitle=<$MTBlogName$>"-->


・ブログ記事:
<!--#include virtual="/php/ugokuhito.php?pagetitle=<$MTEntryTitle$>"-->


・・・など。


?????????? 終了 ???????????


これで、HTMLファイルでPHPを利用し、各ページタイトルを取得します。
参照サイトや検索エンジンからのキーワードを取得することができます。


是非お試しを。


(σ・∀・)σゲッツ!!

携帯サイト用の無料アクセス解析「うごくひと」がバージョンアップして「うごくひと2」に


「うごくひと2」は携帯サイト向けのアクセス解析ツール。個人・商用サイト利用可能。しかも商用サイトも無料。機能が大幅にバージョンアップしました。


Google Analyticsで携帯サイト分析を行うためのライブラリ「GA4K」を使っていましたが、セッション数とページビューが一緒だったり、検索エンジンでのキーワードも取れなかったり、せっかくフォーラムを設置してあるのに、ほぼ更新がとまっている状況だったので他にないかなと。


無料の携帯アクセス解析の「myRTモバイル」も使っていましたが、複数サイト管理できないのと、なんか見ていてワクワクしない。有料版に機能を削減していてお試し感覚で、力のいれようがあまり感じられないからかな。長く続けるきもあまりないとかあるとか。


「うごくひと」はバージョンアップする前から知っていましたし、使ったこともあったけど、いまいちな感じでした。でも今回のバージョンアップで優良のツールに。とてもいい。見た目わかりやすく、発行されるタグがPHPの方を組み込めば、検索エンジンのキーワードも取れるし、複数サイト管理できる。すばらしい。


PHPで携帯サイトを構築している場合はインクルードすればいい話ですが、HTMLで構築している場合、画像埋め込みのタグ利用でキーワードが取れない。


そこで、SSIを利用してPHPを動かしてしまいましょう。


SSIをHTMLで読み出す場合、.htaccess等に
以下を追加し、PHPと同じディレクトリに置きます。


AddHandler server-parsed html
AddType application/xhtml+xml .html
AddType application/xhtml+xml .xhtm .xhtml


「うごくひと2」のタグ設定の上級のPHPタグをコピーして以下のように書き換え、phpファイルとして保存。
変更は赤字で、ページタイトルもあわせて取得できるようにしています。




<?php
$page_title = $_GET["pagetitle"];
$UH2url = 'http://b09.ugo2.jp/?u=ここはユーザー情報&guid=ON&qM=';
$UH2url .= urlencode(isset($_SERVER['HTTP_REFERER'])?$_SERVER['HTTP_REFERER']:'').'|Az|'.(int)($_SERVER['SERVER_PORT']);
$UH2url .= '|'.urlencode($_SERVER['HTTP_HOST']).'|'.urlencode($_SERVER['REQUEST_URI']);
$UH2url .= '|H|&ch=ここは文字コード&sb='.urlencode($page_title);
print '<a href="http://ugo2.jp/m/">';
print '<img src="'.$UH2url.'" alt="携帯アクセス解析" width="72" height="16" />';
print '</a>';
?>




各HTMLソース内に以下コードを貼り付ける
PHPの場所はトップディレクトリから相対パスで指定してください。
ディクトリが「php」の場合、

<!--#include virtual="/php/ugokuhito.php?pagetitle=各ページタイトル"-->


またMovable Type(MT)を利用の場合は以下のようになります。
・メインページ:
<!--#include virtual="/php/ugokuhito.php?pagetitle=<$MTBlogName$>"-->


・ブログ記事:
<!--#include virtual="/php/ugokuhito.php?pagetitle=<$MTEntryTitle$>"-->


・・・など。


?????????? 終了 ???????????


これで、HTMLファイルでPHPを利用し、各ページタイトルを取得します。
参照サイトや検索エンジンからのキーワードを取得することができます。


是非お試しを。


(σ・∀・)σゲッツ!!

Google Analyticsで携帯サイトのアクセス解析を行えるライブラリを使ってみました。


エクスブリッジがGoogle Analyticsで携帯サイト分析を行うためのライブラリ「SELENE.GA4K」をオープンソースとして公開していました。


現状Google Analyticsでは携帯サイトのアクセス解析は行えない。現状携帯端末はGoogle Analyticsが発行する「JavaScript」タグは対応していない。


phpプログラムなので、携帯サイト自体phpならば解析用のファイルと設定ファイルをインクルードで読み込めばいい。


htmlファイルもSSI利用だが対応しています。SSI指定のタグを</body>の上あたりに貼り付けます。


ユーザ分析からキャリア別のアクセス解析まで行えます。キーワードや検索エンジンまでは解析できません。できると嬉しいな。メリットとしてはPCサイトと携帯サイトを別々に「Google Analytics」で管理ができるところかな。

Google Analyticsで携帯サイトのアクセス解析を行えるライブラリを使ってみました。


エクスブリッジがGoogle Analyticsで携帯サイト分析を行うためのライブラリ「SELENE.GA4K」をオープンソースとして公開していました。


現状Google Analyticsでは携帯サイトのアクセス解析は行えない。現状携帯端末はGoogle Analyticsが発行する「JavaScript」タグは対応していない。


phpプログラムなので、携帯サイト自体phpならば解析用のファイルと設定ファイルをインクルードで読み込めばいい。


htmlファイルもSSI利用だが対応しています。SSI指定のタグを</body>の上あたりに貼り付けます。


ユーザ分析からキャリア別のアクセス解析まで行えます。キーワードや検索エンジンまでは解析できません。できると嬉しいな。メリットとしてはPCサイトと携帯サイトを別々に「Google Analytics」で管理ができるところかな。

Google Analyticsで携帯サイトのアクセス解析を行えるライブラリを使ってみました。


エクスブリッジがGoogle Analyticsで携帯サイト分析を行うためのライブラリ「SELENE.GA4K」をオープンソースとして公開していました。


現状Google Analyticsでは携帯サイトのアクセス解析は行えない。現状携帯端末はGoogle Analyticsが発行する「JavaScript」タグは対応していない。


phpプログラムなので、携帯サイト自体phpならば解析用のファイルと設定ファイルをインクルードで読み込めばいい。


htmlファイルもSSI利用だが対応しています。SSI指定のタグを</body>の上あたりに貼り付けます。


ユーザ分析からキャリア別のアクセス解析まで行えます。キーワードや検索エンジンまでは解析できません。できると嬉しいな。メリットとしてはPCサイトと携帯サイトを別々に「Google Analytics」で管理ができるところかな。

プロフィール

Kamitani79
ニックネーム : Kamitani79
映画鑑賞、音楽、写真、ゲーム。地元・横浜をこよなく愛する( `・∀・´)ノヨロシク
自己紹介 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯サイト

つながり

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - Kamitani79-メロンとバナナとブログ
  • SEO
    loading
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.2.4

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。