Kamitani79-メロンとバナナとブログでタグ「サイト制作」が付けられているもの

ロシア語のサイト制作とSEO

| | カテゴリ : SEO , サイト制作

英語のサイト制作よりももっと情報がないロシア語のサイト制作。
制作会社や翻訳会社はありますが、情報として公開していません。
なので英語同様、実体験に基づいたロシア語のサイト制作を簡単に紹介しようと思う。


まずは、ロシア語にしないといけないので、仕事仲間でもあったロシア人に英語からロシア語に翻訳してもらった。
翻訳は、エクセルのシートで項目ごと入力出来るように渡したんだけどこれがわかりにくかったよう。
二回目以降は、ワードで英語の文章の下にロシア語を入力してもらように変更した。


html内のhead情報にドキュメントタイプは、
ロシア語の場合は、「windows-1251」、言語は「ru」になります。


問い合わせをロシア語で来られるとロシア語で返さないと行けないので現在の世界共通言語とし英語で問い合わせをしてもらうようにします。


次にロシア用にSEOを行う必要があります。
ロシアの主要検索エンジンは、Yanex.ruGoogle.ruRambler.ruになります。
エクスポート・ジャパン調べです。


2007年の時は、Googleは三番目でしたが、シェアを確実に伸ばしています


サイトを登録の際にわからない言葉は、AltaVistaの翻訳で調べます。
ある程度理解することが出来ます。「Russian to English」で殆どですが、日本語にしたい場合は、「English to Japanese」をやれば日本語になります。
だいたいなので、言っている意味がわかれば問題ないでしょう。


ロシア語で問い合わせしてくださいな。と注意書きをしているんだけど、たまにロシア語で問い合わせが来てしまいます。
う?ん、表現を変える必要がありますな


基本は、英語から考え、その後、日本語、多言語というように考えるとスムーズに作業が進むかなと思ってます。

ロシア語のサイト制作とSEO

| | カテゴリ : SEO , サイト制作

英語のサイト制作よりももっと情報がないロシア語のサイト制作。
制作会社や翻訳会社はありますが、情報として公開していません。
なので英語同様、実体験に基づいたロシア語のサイト制作を簡単に紹介しようと思う。


まずは、ロシア語にしないといけないので、仕事仲間でもあったロシア人に英語からロシア語に翻訳してもらった。
翻訳は、エクセルのシートで項目ごと入力出来るように渡したんだけどこれがわかりにくかったよう。
二回目以降は、ワードで英語の文章の下にロシア語を入力してもらように変更した。


html内のhead情報にドキュメントタイプは、
ロシア語の場合は、「windows-1251」、言語は「ru」になります。


問い合わせをロシア語で来られるとロシア語で返さないと行けないので現在の世界共通言語とし英語で問い合わせをしてもらうようにします。


次にロシア用にSEOを行う必要があります。
ロシアの主要検索エンジンは、Yanex.ruGoogle.ruRambler.ruになります。
エクスポート・ジャパン調べです。


2007年の時は、Googleは三番目でしたが、シェアを確実に伸ばしています


サイトを登録の際にわからない言葉は、AltaVistaの翻訳で調べます。
ある程度理解することが出来ます。「Russian to English」で殆どですが、日本語にしたい場合は、「English to Japanese」をやれば日本語になります。
だいたいなので、言っている意味がわかれば問題ないでしょう。


ロシア語で問い合わせしてくださいな。と注意書きをしているんだけど、たまにロシア語で問い合わせが来てしまいます。
う?ん、表現を変える必要がありますな


基本は、英語から考え、その後、日本語、多言語というように考えるとスムーズに作業が進むかなと思ってます。

ロシア語のサイト制作とSEO

| | カテゴリ : SEO , サイト制作

英語のサイト制作よりももっと情報がないロシア語のサイト制作。
制作会社や翻訳会社はありますが、情報として公開していません。
なので英語同様、実体験に基づいたロシア語のサイト制作を簡単に紹介しようと思う。


まずは、ロシア語にしないといけないので、仕事仲間でもあったロシア人に英語からロシア語に翻訳してもらった。
翻訳は、エクセルのシートで項目ごと入力出来るように渡したんだけどこれがわかりにくかったよう。
二回目以降は、ワードで英語の文章の下にロシア語を入力してもらように変更した。


html内のhead情報にドキュメントタイプは、
ロシア語の場合は、「windows-1251」、言語は「ru」になります。


問い合わせをロシア語で来られるとロシア語で返さないと行けないので現在の世界共通言語とし英語で問い合わせをしてもらうようにします。


次にロシア用にSEOを行う必要があります。
ロシアの主要検索エンジンは、Yanex.ruGoogle.ruRambler.ruになります。
エクスポート・ジャパン調べです。


2007年の時は、Googleは三番目でしたが、シェアを確実に伸ばしています


サイトを登録の際にわからない言葉は、AltaVistaの翻訳で調べます。
ある程度理解することが出来ます。「Russian to English」で殆どですが、日本語にしたい場合は、「English to Japanese」をやれば日本語になります。
だいたいなので、言っている意味がわかれば問題ないでしょう。


ロシア語で問い合わせしてくださいな。と注意書きをしているんだけど、たまにロシア語で問い合わせが来てしまいます。
う?ん、表現を変える必要がありますな


基本は、英語から考え、その後、日本語、多言語というように考えるとスムーズに作業が進むかなと思ってます。

英語のサイト制作とSEO

| | カテゴリ : SEO , サイト制作

日本のサイト制作の情報はたくさんあるのに、英語や多言語のサイト制作の情報が非常に少ない。というかまったくない。しかも周りにこの話をすると「無視」、「興味なし」、「国内だけで十分」、「英語がわからない」、「本家のSEOを嫌だ」
など鎖国していることがよくわかります。グローバルスタンダードは海外では当たり前になっているが、日本は当たり前ではなく死語になったのかな。鎖国だね。これは。


なので、一年前(2007)英語と、ロシア語、中国語のサイト制作を行い、SEOもやっているのでいくつか情報を書きます。

1. ホームページという言葉、英語圏の情報誌などを見るとまったく出てこない。
ほとんどが「website」なっている。しかもテレビや雑誌何処にでもURLが載っています。いかに日本が利権のためにメディア同士が連動していないかよくわかります。


2. リンクフリー。日本では良く見るリンクについてのページに「このサイトはリンクフリー」だと。元々はリンクフリーなのである。日本人が勝手に作ったルールである。
特に書く必要はない。


3. html内のhead情報にドキュメントタイプで、日本の場合は「UTF-8」や「Shift_JIS」などで記述するが、英語圏の場合は最近では「UTF-8」、古いパソコンや一部の人たちも含めたサイトにする場合は「ISO-8859-1」が正しい。「Shift_JIS」で指定を指定してまうと日本語のページとして認識してしまい、一部文字化けをしてしまう。


4. デザイン性を考慮して凝ったデザインやクールなサイトを作らないといけないと思っている。これも間違い、デザイン性よりもわかりやすく、伝えやすい方が好ましい。そして日本からのビジネスならば日本がわかる方が良い。ターゲットがニューヨークで日本の物を送ろうと思ったらニューヨークの画像を入れてはならない。

日本の写真や画像を載せる。音楽でUTADAさんのように日本ではうけても海外では、受け入れてもらえない。同じような人がたくさんいるから。Kitaro喜多郎のような日本らしさが出る人の方が受け入れてもらえる。非常に単純でわかりやすい。


5. SEO対策は、Yahoo!よりもGoogleに重点を置いて対策を行わなければならない。
英語のサイトからの外部リンクももらわなけらばならない。自分がとった行動、日本人が運営している英語サイトに相互リンクを依頼しました。

日本と同じようにYahoo!.comにも有料のディレクトリサービスがある。まずはYahoo!.comのIDが必要。ここがくせ者。「OPEN ID」で変わったかも知れませんがが、Yahoo!Japan以外は、Yahoo!.comのIDで行ける。なのでYahoo!JapanとYahoo!.com間のメッセンジャーは使えない。今はわかりません。少なからず、一年前(2007)はそうでした。話はそれましたが、Yahoo!.comのIDを取ったらディクレトリ登録サービスへ。299ドルかかります。しかも年間です。

基本はクレジットなのでクレジット払い。審査が終われば、掲載。メリットは、Yahoo!Japan以外は、Yahoo!.com配下なので、アジアやイギリスのディレクトリに載ります。非常に多いです。でも最近はその恩恵が見られません


6. その他で、メールアドレスに「@」を入れて人に「アットマーク」と伝えますが、これは日本の呼び方。英語圏で話すと通じません。英語圏では「アット」になります。以外に知られていない。

英語のサイト制作とSEO

| | カテゴリ : SEO , サイト制作

日本のサイト制作の情報はたくさんあるのに、英語や多言語のサイト制作の情報が非常に少ない。というかまったくない。しかも周りにこの話をすると「無視」、「興味なし」、「国内だけで十分」、「英語がわからない」、「本家のSEOを嫌だ」
など鎖国していることがよくわかります。グローバルスタンダードは海外では当たり前になっているが、日本は当たり前ではなく死語になったのかな。鎖国だね。これは。


なので、一年前(2007)英語と、ロシア語、中国語のサイト制作を行い、SEOもやっているのでいくつか情報を書きます。

1. ホームページという言葉、英語圏の情報誌などを見るとまったく出てこない。
ほとんどが「website」なっている。しかもテレビや雑誌何処にでもURLが載っています。いかに日本が利権のためにメディア同士が連動していないかよくわかります。


2. リンクフリー。日本では良く見るリンクについてのページに「このサイトはリンクフリー」だと。元々はリンクフリーなのである。日本人が勝手に作ったルールである。
特に書く必要はない。


3. html内のhead情報にドキュメントタイプで、日本の場合は「UTF-8」や「Shift_JIS」などで記述するが、英語圏の場合は最近では「UTF-8」、古いパソコンや一部の人たちも含めたサイトにする場合は「ISO-8859-1」が正しい。「Shift_JIS」で指定を指定してまうと日本語のページとして認識してしまい、一部文字化けをしてしまう。


4. デザイン性を考慮して凝ったデザインやクールなサイトを作らないといけないと思っている。これも間違い、デザイン性よりもわかりやすく、伝えやすい方が好ましい。そして日本からのビジネスならば日本がわかる方が良い。ターゲットがニューヨークで日本の物を送ろうと思ったらニューヨークの画像を入れてはならない。

日本の写真や画像を載せる。音楽でUTADAさんのように日本ではうけても海外では、受け入れてもらえない。同じような人がたくさんいるから。Kitaro喜多郎のような日本らしさが出る人の方が受け入れてもらえる。非常に単純でわかりやすい。


5. SEO対策は、Yahoo!よりもGoogleに重点を置いて対策を行わなければならない。
英語のサイトからの外部リンクももらわなけらばならない。自分がとった行動、日本人が運営している英語サイトに相互リンクを依頼しました。

日本と同じようにYahoo!.comにも有料のディレクトリサービスがある。まずはYahoo!.comのIDが必要。ここがくせ者。「OPEN ID」で変わったかも知れませんがが、Yahoo!Japan以外は、Yahoo!.comのIDで行ける。なのでYahoo!JapanとYahoo!.com間のメッセンジャーは使えない。今はわかりません。少なからず、一年前(2007)はそうでした。話はそれましたが、Yahoo!.comのIDを取ったらディクレトリ登録サービスへ。299ドルかかります。しかも年間です。

基本はクレジットなのでクレジット払い。審査が終われば、掲載。メリットは、Yahoo!Japan以外は、Yahoo!.com配下なので、アジアやイギリスのディレクトリに載ります。非常に多いです。でも最近はその恩恵が見られません


6. その他で、メールアドレスに「@」を入れて人に「アットマーク」と伝えますが、これは日本の呼び方。英語圏で話すと通じません。英語圏では「アット」になります。以外に知られていない。

英語のサイト制作とSEO

| | カテゴリ : SEO , サイト制作

日本のサイト制作の情報はたくさんあるのに、英語や多言語のサイト制作の情報が非常に少ない。というかまったくない。しかも周りにこの話をすると「無視」、「興味なし」、「国内だけで十分」、「英語がわからない」、「本家のSEOを嫌だ」
など鎖国していることがよくわかります。グローバルスタンダードは海外では当たり前になっているが、日本は当たり前ではなく死語になったのかな。鎖国だね。これは。


なので、一年前(2007)英語と、ロシア語、中国語のサイト制作を行い、SEOもやっているのでいくつか情報を書きます。

1. ホームページという言葉、英語圏の情報誌などを見るとまったく出てこない。
ほとんどが「website」なっている。しかもテレビや雑誌何処にでもURLが載っています。いかに日本が利権のためにメディア同士が連動していないかよくわかります。


2. リンクフリー。日本では良く見るリンクについてのページに「このサイトはリンクフリー」だと。元々はリンクフリーなのである。日本人が勝手に作ったルールである。
特に書く必要はない。


3. html内のhead情報にドキュメントタイプで、日本の場合は「UTF-8」や「Shift_JIS」などで記述するが、英語圏の場合は最近では「UTF-8」、古いパソコンや一部の人たちも含めたサイトにする場合は「ISO-8859-1」が正しい。「Shift_JIS」で指定を指定してまうと日本語のページとして認識してしまい、一部文字化けをしてしまう。


4. デザイン性を考慮して凝ったデザインやクールなサイトを作らないといけないと思っている。これも間違い、デザイン性よりもわかりやすく、伝えやすい方が好ましい。そして日本からのビジネスならば日本がわかる方が良い。ターゲットがニューヨークで日本の物を送ろうと思ったらニューヨークの画像を入れてはならない。

日本の写真や画像を載せる。音楽でUTADAさんのように日本ではうけても海外では、受け入れてもらえない。同じような人がたくさんいるから。Kitaro喜多郎のような日本らしさが出る人の方が受け入れてもらえる。非常に単純でわかりやすい。


5. SEO対策は、Yahoo!よりもGoogleに重点を置いて対策を行わなければならない。
英語のサイトからの外部リンクももらわなけらばならない。自分がとった行動、日本人が運営している英語サイトに相互リンクを依頼しました。

日本と同じようにYahoo!.comにも有料のディレクトリサービスがある。まずはYahoo!.comのIDが必要。ここがくせ者。「OPEN ID」で変わったかも知れませんがが、Yahoo!Japan以外は、Yahoo!.comのIDで行ける。なのでYahoo!JapanとYahoo!.com間のメッセンジャーは使えない。今はわかりません。少なからず、一年前(2007)はそうでした。話はそれましたが、Yahoo!.comのIDを取ったらディクレトリ登録サービスへ。299ドルかかります。しかも年間です。

基本はクレジットなのでクレジット払い。審査が終われば、掲載。メリットは、Yahoo!Japan以外は、Yahoo!.com配下なので、アジアやイギリスのディレクトリに載ります。非常に多いです。でも最近はその恩恵が見られません


6. その他で、メールアドレスに「@」を入れて人に「アットマーク」と伝えますが、これは日本の呼び方。英語圏で話すと通じません。英語圏では「アット」になります。以外に知られていない。

サイト制作の中で必要なSEO対策(検索エンジン対策)。これをきちんと理解している人は少ない。


自分も勉強したし、それなりに成果を上げた。しかしすべて思い通りには行かない。
キーワードの設定、キーワードを含めたタイトルの設定、h1やstrongの内部構造、内部リンクの充実、外部リンクの充実。こんなん誰でも出来る。


口癖のように、「SEO的には」や「SEOに効果的」などとほざく人種がいる。
ならば、すべてにおいてあなたがSEO対策を行ったサイトを見てあげようか。すべてYahoo!やGoogleに上位にいますかと。すべて上位にいないですよね。


理屈は非常に簡単。検索エンゾンのルールはすべて、インフラのYahoo!やGoogleが決めている。だから技術的なことなんか一つもない。それ自体をビジネスにしている人たちがいるっていうのはね。アホらしいと思うね。


SEO対策を行う必要はあるとは思うが、まずは良いサービスなのか良い商品なのかがまずは考える必要があり、その後、SEM(検索エンゾンマーケティング)を含めたマーケティングを考えた後、SEM、SEOの順番が、ビジネスの成功へ結びつく。


書籍やインターネットの情報で必ずSEOだけを取り上げることが多いが、理屈は簡単。とっつきやすいし、作業をやってる間が形として見えやすいから。なぜマーケティングを前に話を持っていかないかというと、調査や手法を考えるのは日本人が得意でないからですね。ようはなめられているんですよね。業界人に。


サイト制作で必要な手順は以下である。

  1. 事業内容やビジネスを確定する
  2. 社内でビジネスの方向性を定める
  3. SWOT分析を行う
  4. 広告宣伝活動のひとつとして、サイトを制作し宣伝やビジネスを行う
  5. サイトは自社で行わず、外部に任せる
  6. マーケティング、SEM・SEO、CMS、携帯、通販、デザイン性の内容を良く熟知している制作会社に依頼する
    ※ここで注意。絶対に国内のシステム開発やソフト開発をメインとしている制作会社に依頼してはいけない。自分たちの利益のみを優先している場合が多く、トラブルも多い。
  7. 新着情報などは自分たちで行い、半年又一年に一回リニューアルを行う
    ※サイトは作って終わりではない。常に進化し続けなければならない。

サイト制作の中で必要なSEO対策(検索エンジン対策)。これをきちんと理解している人は少ない。


自分も勉強したし、それなりに成果を上げた。しかしすべて思い通りには行かない。
キーワードの設定、キーワードを含めたタイトルの設定、h1やstrongの内部構造、内部リンクの充実、外部リンクの充実。こんなん誰でも出来る。


口癖のように、「SEO的には」や「SEOに効果的」などとほざく人種がいる。
ならば、すべてにおいてあなたがSEO対策を行ったサイトを見てあげようか。すべてYahoo!やGoogleに上位にいますかと。すべて上位にいないですよね。


理屈は非常に簡単。検索エンゾンのルールはすべて、インフラのYahoo!やGoogleが決めている。だから技術的なことなんか一つもない。それ自体をビジネスにしている人たちがいるっていうのはね。アホらしいと思うね。


SEO対策を行う必要はあるとは思うが、まずは良いサービスなのか良い商品なのかがまずは考える必要があり、その後、SEM(検索エンゾンマーケティング)を含めたマーケティングを考えた後、SEM、SEOの順番が、ビジネスの成功へ結びつく。


書籍やインターネットの情報で必ずSEOだけを取り上げることが多いが、理屈は簡単。とっつきやすいし、作業をやってる間が形として見えやすいから。なぜマーケティングを前に話を持っていかないかというと、調査や手法を考えるのは日本人が得意でないからですね。ようはなめられているんですよね。業界人に。


サイト制作で必要な手順は以下である。

  1. 事業内容やビジネスを確定する
  2. 社内でビジネスの方向性を定める
  3. SWOT分析を行う
  4. 広告宣伝活動のひとつとして、サイトを制作し宣伝やビジネスを行う
  5. サイトは自社で行わず、外部に任せる
  6. マーケティング、SEM・SEO、CMS、携帯、通販、デザイン性の内容を良く熟知している制作会社に依頼する
    ※ここで注意。絶対に国内のシステム開発やソフト開発をメインとしている制作会社に依頼してはいけない。自分たちの利益のみを優先している場合が多く、トラブルも多い。
  7. 新着情報などは自分たちで行い、半年又一年に一回リニューアルを行う
    ※サイトは作って終わりではない。常に進化し続けなければならない。

サイト制作の中で必要なSEO対策(検索エンジン対策)。これをきちんと理解している人は少ない。


自分も勉強したし、それなりに成果を上げた。しかしすべて思い通りには行かない。
キーワードの設定、キーワードを含めたタイトルの設定、h1やstrongの内部構造、内部リンクの充実、外部リンクの充実。こんなん誰でも出来る。


口癖のように、「SEO的には」や「SEOに効果的」などとほざく人種がいる。
ならば、すべてにおいてあなたがSEO対策を行ったサイトを見てあげようか。すべてYahoo!やGoogleに上位にいますかと。すべて上位にいないですよね。


理屈は非常に簡単。検索エンゾンのルールはすべて、インフラのYahoo!やGoogleが決めている。だから技術的なことなんか一つもない。それ自体をビジネスにしている人たちがいるっていうのはね。アホらしいと思うね。


SEO対策を行う必要はあるとは思うが、まずは良いサービスなのか良い商品なのかがまずは考える必要があり、その後、SEM(検索エンゾンマーケティング)を含めたマーケティングを考えた後、SEM、SEOの順番が、ビジネスの成功へ結びつく。


書籍やインターネットの情報で必ずSEOだけを取り上げることが多いが、理屈は簡単。とっつきやすいし、作業をやってる間が形として見えやすいから。なぜマーケティングを前に話を持っていかないかというと、調査や手法を考えるのは日本人が得意でないからですね。ようはなめられているんですよね。業界人に。


サイト制作で必要な手順は以下である。

  1. 事業内容やビジネスを確定する
  2. 社内でビジネスの方向性を定める
  3. SWOT分析を行う
  4. 広告宣伝活動のひとつとして、サイトを制作し宣伝やビジネスを行う
  5. サイトは自社で行わず、外部に任せる
  6. マーケティング、SEM・SEO、CMS、携帯、通販、デザイン性の内容を良く熟知している制作会社に依頼する
    ※ここで注意。絶対に国内のシステム開発やソフト開発をメインとしている制作会社に依頼してはいけない。自分たちの利益のみを優先している場合が多く、トラブルも多い。
  7. 新着情報などは自分たちで行い、半年又一年に一回リニューアルを行う
    ※サイトは作って終わりではない。常に進化し続けなければならない。

プロフィール

Kamitani79
ニックネーム : Kamitani79
映画鑑賞、音楽、写真、ゲーム。地元・横浜をこよなく愛する( `・∀・´)ノヨロシク
自己紹介 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯サイト

つながり

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - Kamitani79-メロンとバナナとブログ
  • SEO
    loading
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.2.4

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。