Kamitani79-メロンとバナナとブログでタグ「DOCTYPE」が付けられているもの

携帯サイトのDOCTYPE宣言についてで各キャリアごとにDOCTYPE宣言が異なるという記事を書きました。


ひとつのhtmlで携帯サイトを作り、
各キャリアからアクセスがあった場合、DOCTYPE宣言を切り替えるにはどうしたら良いか。


切り替えのPHPを紹介しますので、SSIは必須ですが利用してみてください。
XHTMLベースの紹介になります。(厳密に切り替える必要はないかもしれませんが。。。)


SSIをHTMLで読み出す場合、.htaccess等に
以下を追加し、PHPと同じディレクトリに置きます。


AddHandler server-parsed html
AddType application/xhtml+xml .html
AddType application/xhtml+xml .xhtm .xhtml


ユーザーエージェントの切り替え方法は、
携帯ホームページを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-参考にしています。




■こちらをそのままコピーするか、
以下ファイルをダウンロードするかになります。

doctype.txt[右クリック・ダウンロード]
(拡張子をphpに変更してください。)


完全フリーです。著作権もありません。改変もどんどんやっちゃってください。

2008年11月11日ちょい変更。preg_matchにて分岐することにしました。

<?php
$agent=$_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];
if(preg_match("/DoCoMo/", $agent)) {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print
("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/2.3) 1.0//EN\" \"i-xhtml_4ja_10.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" lang=\"ja\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS\" />");
} elseif(preg_match("/KDDI\-/", $agent)||preg_match("/UP\.Browser/", $agent)) {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print ("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//OPENWAVE//DTD XHTML 1.0//EN\" \"http://www.openwave.com/DTD/xhtml-basic.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" lang=\"ja\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=Shift_JIS\" />");
} elseif(preg_match("/J\-PHONE|Vodafone|MOT\-[CV]980|SoftBank/", $agent)) {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print ("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//J-PHONE//DTD XHTML Basic 1.0 Plus//EN\" \"xhtml-basic10-plus.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" lang=\"ja\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=Shift_JIS\" />");
} else {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print
("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//WAPFORUM//DTD XHTML Mobile 1.0//EN\" \"http://www.wapforum.org/DTD/xhtml-mobile10.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=Shift_JIS\" />");
}
?>




■読み出しこちらをになります。任意のフォルダで良いと思います。
PHPの場所はトップディレクトリから相対パスで指定してください。

<!--#include virtual="/php/doctype.php"-->




■htmlソースはこんな感じでしょうか。

<!--#include virtual="/php/doctype.php"-->
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2" />
<meta name="description" content="サイトの紹介文" />
<title>サイトのタイトル</title>
</head>
<body>
本文
</body>
</html>




少しでもXHTMLベースの携帯サイトが増えることを祈っています。
CHTMLベースは捨てましょう。


絵文字変換、画像縮小変換、全角半角変換などとそれぞれに処理が必要になってくるので、
わたしは「Movable Type(MT)」と「ケータイキット for Movable Type」を利用することをおススメします。

※最近流行の特定の会社へリンクしているスパムではありません。
ケータイキット for Movable Typeは携帯サイトの構築においてコストの面、機能的にも必要最低限用意されていて、自由度が高くわかりやすいからです。

携帯サイトのDOCTYPE宣言についてで各キャリアごとにDOCTYPE宣言が異なるという記事を書きました。


ひとつのhtmlで携帯サイトを作り、
各キャリアからアクセスがあった場合、DOCTYPE宣言を切り替えるにはどうしたら良いか。


切り替えのPHPを紹介しますので、SSIは必須ですが利用してみてください。
XHTMLベースの紹介になります。(厳密に切り替える必要はないかもしれませんが。。。)


SSIをHTMLで読み出す場合、.htaccess等に
以下を追加し、PHPと同じディレクトリに置きます。


AddHandler server-parsed html
AddType application/xhtml+xml .html
AddType application/xhtml+xml .xhtm .xhtml


ユーザーエージェントの切り替え方法は、
携帯ホームページを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-参考にしています。




■こちらをそのままコピーするか、
以下ファイルをダウンロードするかになります。

doctype.txt[右クリック・ダウンロード]
(拡張子をphpに変更してください。)


完全フリーです。著作権もありません。改変もどんどんやっちゃってください。

2008年11月11日ちょい変更。preg_matchにて分岐することにしました。

<?php
$agent=$_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];
if(preg_match("/DoCoMo/", $agent)) {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print
("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/2.3) 1.0//EN\" \"i-xhtml_4ja_10.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" lang=\"ja\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS\" />");
} elseif(preg_match("/KDDI\-/", $agent)||preg_match("/UP\.Browser/", $agent)) {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print ("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//OPENWAVE//DTD XHTML 1.0//EN\" \"http://www.openwave.com/DTD/xhtml-basic.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" lang=\"ja\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=Shift_JIS\" />");
} elseif(preg_match("/J\-PHONE|Vodafone|MOT\-[CV]980|SoftBank/", $agent)) {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print ("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//J-PHONE//DTD XHTML Basic 1.0 Plus//EN\" \"xhtml-basic10-plus.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" lang=\"ja\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=Shift_JIS\" />");
} else {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print
("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//WAPFORUM//DTD XHTML Mobile 1.0//EN\" \"http://www.wapforum.org/DTD/xhtml-mobile10.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=Shift_JIS\" />");
}
?>




■読み出しこちらをになります。任意のフォルダで良いと思います。
PHPの場所はトップディレクトリから相対パスで指定してください。

<!--#include virtual="/php/doctype.php"-->




■htmlソースはこんな感じでしょうか。

<!--#include virtual="/php/doctype.php"-->
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2" />
<meta name="description" content="サイトの紹介文" />
<title>サイトのタイトル</title>
</head>
<body>
本文
</body>
</html>




少しでもXHTMLベースの携帯サイトが増えることを祈っています。
CHTMLベースは捨てましょう。


絵文字変換、画像縮小変換、全角半角変換などとそれぞれに処理が必要になってくるので、
わたしは「Movable Type(MT)」と「ケータイキット for Movable Type」を利用することをおススメします。

※最近流行の特定の会社へリンクしているスパムではありません。
ケータイキット for Movable Typeは携帯サイトの構築においてコストの面、機能的にも必要最低限用意されていて、自由度が高くわかりやすいからです。

携帯サイトのDOCTYPE宣言についてで各キャリアごとにDOCTYPE宣言が異なるという記事を書きました。


ひとつのhtmlで携帯サイトを作り、
各キャリアからアクセスがあった場合、DOCTYPE宣言を切り替えるにはどうしたら良いか。


切り替えのPHPを紹介しますので、SSIは必須ですが利用してみてください。
XHTMLベースの紹介になります。(厳密に切り替える必要はないかもしれませんが。。。)


SSIをHTMLで読み出す場合、.htaccess等に
以下を追加し、PHPと同じディレクトリに置きます。


AddHandler server-parsed html
AddType application/xhtml+xml .html
AddType application/xhtml+xml .xhtm .xhtml


ユーザーエージェントの切り替え方法は、
携帯ホームページを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-参考にしています。




■こちらをそのままコピーするか、
以下ファイルをダウンロードするかになります。

doctype.txt[右クリック・ダウンロード]
(拡張子をphpに変更してください。)


完全フリーです。著作権もありません。改変もどんどんやっちゃってください。

2008年11月11日ちょい変更。preg_matchにて分岐することにしました。

<?php
$agent=$_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];
if(preg_match("/DoCoMo/", $agent)) {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print
("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/2.3) 1.0//EN\" \"i-xhtml_4ja_10.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" lang=\"ja\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS\" />");
} elseif(preg_match("/KDDI\-/", $agent)||preg_match("/UP\.Browser/", $agent)) {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print ("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//OPENWAVE//DTD XHTML 1.0//EN\" \"http://www.openwave.com/DTD/xhtml-basic.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" lang=\"ja\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=Shift_JIS\" />");
} elseif(preg_match("/J\-PHONE|Vodafone|MOT\-[CV]980|SoftBank/", $agent)) {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print ("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//J-PHONE//DTD XHTML Basic 1.0 Plus//EN\" \"xhtml-basic10-plus.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" lang=\"ja\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=Shift_JIS\" />");
} else {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print
("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//WAPFORUM//DTD XHTML Mobile 1.0//EN\" \"http://www.wapforum.org/DTD/xhtml-mobile10.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=Shift_JIS\" />");
}
?>




■読み出しこちらをになります。任意のフォルダで良いと思います。
PHPの場所はトップディレクトリから相対パスで指定してください。

<!--#include virtual="/php/doctype.php"-->




■htmlソースはこんな感じでしょうか。

<!--#include virtual="/php/doctype.php"-->
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2" />
<meta name="description" content="サイトの紹介文" />
<title>サイトのタイトル</title>
</head>
<body>
本文
</body>
</html>




少しでもXHTMLベースの携帯サイトが増えることを祈っています。
CHTMLベースは捨てましょう。


絵文字変換、画像縮小変換、全角半角変換などとそれぞれに処理が必要になってくるので、
わたしは「Movable Type(MT)」と「ケータイキット for Movable Type」を利用することをおススメします。

※最近流行の特定の会社へリンクしているスパムではありません。
ケータイキット for Movable Typeは携帯サイトの構築においてコストの面、機能的にも必要最低限用意されていて、自由度が高くわかりやすいからです。

携帯サイトのDOCTYPE宣言について

| | カテゴリ : サイト制作 , 携帯

3キャリア対応の携帯サイトを作るのは、非常に難しい。
少し前のCHTMLで作ると装飾部分にとても制約が多い。


DOCTYPE宣言もそれぞれ違う。XHTMLで作成する場合のDOCTYPE宣言は以下のようになる。

docomo
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/2.3) 1.0//EN" "i-xhtml_4ja_10.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS" />



au
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//OPENWAVE//DTD XHTML 1.0//EN" "http://www.openwave.com/DTD/xhtml-basic.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />



SoftBank
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//J-PHONE//DTD XHTML Basic 1.0 Plus//EN" "xhtml-basic10-plus.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />



PCなど
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//WAPFORUM//DTD XHTML Mobile 1.0//EN" "http://www.wapforum.org/DTD/xhtml-mobile10.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />



au、SoftBankは、以上のDOCTYPE宣言でXHTMLモードになり、外部スタイルシートも利用出来るようになる。しか?し、docomoがすごくややこしい。DOCTYPE宣言してもXHTMLモードにならない。


以下の4点が揃ってはじめてXHTMLモードになる。
. DOCTYPE宣言。
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/2.3) 1.0//EN" "i-xhtml_4ja_10.dtd">
(Ver部分を変えると使えるタグが変わる。新しければ利用できるタグが増える。但し、対応していない機種はそのタグを無視する。)


. コンテンツ タイプの指定。
<meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS" />


. 拡張子が.htmlか.xhtml。
. サーバにおいて正しいHTTPヘッダの出力。

.htaccessにてどちらかを追加
AddType application/xhtml+xml .htm .html
AddType application/xhtml+xml .xhtm .xhtml


以上4点でXHTMLモードになってもスタイルシートは、外部の利用は出来ない。インラインで書く必要がある。


汎用サイトを作る場合、「au / SoftBank / XHTMLモードに対応していないdocomo」と「XHTMLモードに対応しているdocomo」に分けて作る必要がある。


「XHTMLモードに対応しているdocomo」のメリットは、装飾が出来ることのみ。
例えば、文字に背景色を指定したり、背景の画像をいくつか小分けに指定したりとなる。

そこまで求めてないのであれば、docomoのXHTMLモードを考慮しないように作れば問題ない。それにdocomoの機種は、XHTMLとCHTML両方対応しているから問題ない。


もう少し他社と互換を持たして欲しいものです。


追加:
2008年10月26日に携帯サイトのDOCTYPE宣言、切り替え(PHPをSSIにて利用)の記事を追加しました。

携帯サイトのDOCTYPE宣言について

| | カテゴリ : サイト制作 , 携帯

3キャリア対応の携帯サイトを作るのは、非常に難しい。
少し前のCHTMLで作ると装飾部分にとても制約が多い。


DOCTYPE宣言もそれぞれ違う。XHTMLで作成する場合のDOCTYPE宣言は以下のようになる。

docomo
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/2.3) 1.0//EN" "i-xhtml_4ja_10.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS" />



au
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//OPENWAVE//DTD XHTML 1.0//EN" "http://www.openwave.com/DTD/xhtml-basic.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />



SoftBank
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//J-PHONE//DTD XHTML Basic 1.0 Plus//EN" "xhtml-basic10-plus.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />



PCなど
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//WAPFORUM//DTD XHTML Mobile 1.0//EN" "http://www.wapforum.org/DTD/xhtml-mobile10.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />



au、SoftBankは、以上のDOCTYPE宣言でXHTMLモードになり、外部スタイルシートも利用出来るようになる。しか?し、docomoがすごくややこしい。DOCTYPE宣言してもXHTMLモードにならない。


以下の4点が揃ってはじめてXHTMLモードになる。
. DOCTYPE宣言。
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/2.3) 1.0//EN" "i-xhtml_4ja_10.dtd">
(Ver部分を変えると使えるタグが変わる。新しければ利用できるタグが増える。但し、対応していない機種はそのタグを無視する。)


. コンテンツ タイプの指定。
<meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS" />


. 拡張子が.htmlか.xhtml。
. サーバにおいて正しいHTTPヘッダの出力。

.htaccessにてどちらかを追加
AddType application/xhtml+xml .htm .html
AddType application/xhtml+xml .xhtm .xhtml


以上4点でXHTMLモードになってもスタイルシートは、外部の利用は出来ない。インラインで書く必要がある。


汎用サイトを作る場合、「au / SoftBank / XHTMLモードに対応していないdocomo」と「XHTMLモードに対応しているdocomo」に分けて作る必要がある。


「XHTMLモードに対応しているdocomo」のメリットは、装飾が出来ることのみ。
例えば、文字に背景色を指定したり、背景の画像をいくつか小分けに指定したりとなる。

そこまで求めてないのであれば、docomoのXHTMLモードを考慮しないように作れば問題ない。それにdocomoの機種は、XHTMLとCHTML両方対応しているから問題ない。


もう少し他社と互換を持たして欲しいものです。


追加:
2008年10月26日に携帯サイトのDOCTYPE宣言、切り替え(PHPをSSIにて利用)の記事を追加しました。

携帯サイトのDOCTYPE宣言について

| | カテゴリ : サイト制作 , 携帯

3キャリア対応の携帯サイトを作るのは、非常に難しい。
少し前のCHTMLで作ると装飾部分にとても制約が多い。


DOCTYPE宣言もそれぞれ違う。XHTMLで作成する場合のDOCTYPE宣言は以下のようになる。

docomo
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/2.3) 1.0//EN" "i-xhtml_4ja_10.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS" />



au
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//OPENWAVE//DTD XHTML 1.0//EN" "http://www.openwave.com/DTD/xhtml-basic.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />



SoftBank
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//J-PHONE//DTD XHTML Basic 1.0 Plus//EN" "xhtml-basic10-plus.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />



PCなど
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//WAPFORUM//DTD XHTML Mobile 1.0//EN" "http://www.wapforum.org/DTD/xhtml-mobile10.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />



au、SoftBankは、以上のDOCTYPE宣言でXHTMLモードになり、外部スタイルシートも利用出来るようになる。しか?し、docomoがすごくややこしい。DOCTYPE宣言してもXHTMLモードにならない。


以下の4点が揃ってはじめてXHTMLモードになる。
. DOCTYPE宣言。
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/2.3) 1.0//EN" "i-xhtml_4ja_10.dtd">
(Ver部分を変えると使えるタグが変わる。新しければ利用できるタグが増える。但し、対応していない機種はそのタグを無視する。)


. コンテンツ タイプの指定。
<meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS" />


. 拡張子が.htmlか.xhtml。
. サーバにおいて正しいHTTPヘッダの出力。

.htaccessにてどちらかを追加
AddType application/xhtml+xml .htm .html
AddType application/xhtml+xml .xhtm .xhtml


以上4点でXHTMLモードになってもスタイルシートは、外部の利用は出来ない。インラインで書く必要がある。


汎用サイトを作る場合、「au / SoftBank / XHTMLモードに対応していないdocomo」と「XHTMLモードに対応しているdocomo」に分けて作る必要がある。


「XHTMLモードに対応しているdocomo」のメリットは、装飾が出来ることのみ。
例えば、文字に背景色を指定したり、背景の画像をいくつか小分けに指定したりとなる。

そこまで求めてないのであれば、docomoのXHTMLモードを考慮しないように作れば問題ない。それにdocomoの機種は、XHTMLとCHTML両方対応しているから問題ない。


もう少し他社と互換を持たして欲しいものです。


追加:
2008年10月26日に携帯サイトのDOCTYPE宣言、切り替え(PHPをSSIにて利用)の記事を追加しました。

プロフィール

Kamitani79
ニックネーム : Kamitani79
映画鑑賞、音楽、写真、ゲーム。地元・横浜をこよなく愛する( `・∀・´)ノヨロシク
自己紹介 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯サイト

つながり

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - Kamitani79-メロンとバナナとブログ
  • SEO
    loading
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.2.4

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。