Kamitani79-メロンとバナナとブログでタグ「Google」が付けられているもの

Googleさん、XMLサイトマップに画像の追加が可能になったそうで。


Movable Typeに導入してみました。


こんな感じです。


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9"
xmlns:image="http://www.google.com/schemas/sitemap-image/1.1">

<mt:Ignore>ブログ記事</mt:Ignore>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Individual">
<mt:Entries lastn="9999">
<url>
<loc><$mt:EntryPermalink encode_xml="1"$></loc>
<lastmod><$mt:EntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$mt:BlogTimezone$></lastmod>
<priority>1.0</priority>
<changefreq>daily</changefreq>
<mt:EntryAssets lastn="9999" type="image">
<image:image>
<image:loc><$mt:AssetURL$></image:loc>
</image:image>
</mt:EntryAssets>
</url>
</mt:Entries>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>

</urlset>


ウェブマスターでは、XMLサイトマップは認識していますが、どうなることやら。。。

Googleでのモバイル サイトマップの作成は携帯とPCに区別がなく、
登録する歳に、PCなのか携帯なのかを選び、マークアップ言語をXHTML モバイル プロファイル(WAP 2.0)、WML(WAP 1.2)、CHTML(iMode)を選んで登録を行っていた。


新しく形式が変わり、変更を促すメッセージが長く出ていました。


つい最近、上記の登録方法がなくなった。


ということは、新しいモバイル用のサイトマップを作成しないと、PCと携帯が区別がつかないということ。判断する基準のすべてではないが、やらないよりはやった方がいいので。


新しい形式で登録するようにしましょう。


※赤が変更部分

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9"
xmlns:mobile="http://www.google.com/schemas/sitemap-mobile/1.0">

<url>
<loc>http://www.kamitani79.com/m/</loc>
<mobile:mobile/>
</url>
</urlset>


モバイルGoogleサイトマップ作成支援サイト
携帯SEO対策:モバイルGoogleサイトマップ自動生成

Googleでのモバイル サイトマップの作成は携帯とPCに区別がなく、
登録する歳に、PCなのか携帯なのかを選び、マークアップ言語をXHTML モバイル プロファイル(WAP 2.0)、WML(WAP 1.2)、CHTML(iMode)を選んで登録を行っていた。


新しく形式が変わり、変更を促すメッセージが長く出ていました。


つい最近、上記の登録方法がなくなった。


ということは、新しいモバイル用のサイトマップを作成しないと、PCと携帯が区別がつかないということ。判断する基準のすべてではないが、やらないよりはやった方がいいので。


新しい形式で登録するようにしましょう。


※赤が変更部分

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9"
xmlns:mobile="http://www.google.com/schemas/sitemap-mobile/1.0">

<url>
<loc>http://www.kamitani79.com/m/</loc>
<mobile:mobile/>
</url>
</urlset>


モバイルGoogleサイトマップ作成支援サイト
携帯SEO対策:モバイルGoogleサイトマップ自動生成

Googleでのモバイル サイトマップの作成は携帯とPCに区別がなく、
登録する歳に、PCなのか携帯なのかを選び、マークアップ言語をXHTML モバイル プロファイル(WAP 2.0)、WML(WAP 1.2)、CHTML(iMode)を選んで登録を行っていた。


新しく形式が変わり、変更を促すメッセージが長く出ていました。


つい最近、上記の登録方法がなくなった。


ということは、新しいモバイル用のサイトマップを作成しないと、PCと携帯が区別がつかないということ。判断する基準のすべてではないが、やらないよりはやった方がいいので。


新しい形式で登録するようにしましょう。


※赤が変更部分

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9"
xmlns:mobile="http://www.google.com/schemas/sitemap-mobile/1.0">

<url>
<loc>http://www.kamitani79.com/m/</loc>
<mobile:mobile/>
</url>
</urlset>


モバイルGoogleサイトマップ作成支援サイト
携帯SEO対策:モバイルGoogleサイトマップ自動生成

引き続きGoogle Analyticsの解析結果。英語に比べたら優先度が二番目の中国語、次にロシア語、日本語を地図上のデータと検索エンジンシェアを間単に紹介。


まずは、地図上のデータ。順に中国語、ロシア語、日本語になります。


Google Analytics地図上のデータ(中国語)


Google Analytics地図上のデータ(ロシア語)


Google Analytics地図上のデータ(日本語)


中国語、ロシア語、日本語ともに、各国ごとからアクセスがあることがわかる。
よりアクセスが増えるよう対策を行う必要がある。




次には、検索エンジンシェア。順に中国語、ロシア語、日本語になります。


Google Analytics検索エンジンシェア(中国語)


Google Analytics検索エンジンシェア(ロシア語)


Google Analytics検索エンジンシェア(日本語)


中国語は現在のシェア率は百度(Baidu)が1番だが、アクセス解析では3番手である。改善をする必要がある。ロシア語も現在のシェア率はYandexだが、アクセス解析では2番手である。こちらも改善をする必要がある。最後の日本語は特に対策をとっていなし、海外に比べたら難しくないのでどうでも良いのだが、シェア率とアクセス解析は一致しておりYahoo!、Googleの順である。


色んな角度からデータが取れるので、非常にマーケティングに役に立つ。
Google Analyticsを是非活用してみてくださいな!!


フランス語とスペイン語のサイト制作(翻訳がメイン)とSEO対策を行う予定だが今は話が流れている。話が進んでデータが取れたらこのブログに載せます。
・・・やらない可能性が高いけど。

引き続きGoogle Analyticsの解析結果。英語に比べたら優先度が二番目の中国語、次にロシア語、日本語を地図上のデータと検索エンジンシェアを間単に紹介。


まずは、地図上のデータ。順に中国語、ロシア語、日本語になります。


Google Analytics地図上のデータ(中国語)


Google Analytics地図上のデータ(ロシア語)


Google Analytics地図上のデータ(日本語)


中国語、ロシア語、日本語ともに、各国ごとからアクセスがあることがわかる。
よりアクセスが増えるよう対策を行う必要がある。




次には、検索エンジンシェア。順に中国語、ロシア語、日本語になります。


Google Analytics検索エンジンシェア(中国語)


Google Analytics検索エンジンシェア(ロシア語)


Google Analytics検索エンジンシェア(日本語)


中国語は現在のシェア率は百度(Baidu)が1番だが、アクセス解析では3番手である。改善をする必要がある。ロシア語も現在のシェア率はYandexだが、アクセス解析では2番手である。こちらも改善をする必要がある。最後の日本語は特に対策をとっていなし、海外に比べたら難しくないのでどうでも良いのだが、シェア率とアクセス解析は一致しておりYahoo!、Googleの順である。


色んな角度からデータが取れるので、非常にマーケティングに役に立つ。
Google Analyticsを是非活用してみてくださいな!!


フランス語とスペイン語のサイト制作(翻訳がメイン)とSEO対策を行う予定だが今は話が流れている。話が進んでデータが取れたらこのブログに載せます。
・・・やらない可能性が高いけど。

引き続きGoogle Analyticsの解析結果。英語に比べたら優先度が二番目の中国語、次にロシア語、日本語を地図上のデータと検索エンジンシェアを間単に紹介。


まずは、地図上のデータ。順に中国語、ロシア語、日本語になります。


Google Analytics地図上のデータ(中国語)


Google Analytics地図上のデータ(ロシア語)


Google Analytics地図上のデータ(日本語)


中国語、ロシア語、日本語ともに、各国ごとからアクセスがあることがわかる。
よりアクセスが増えるよう対策を行う必要がある。




次には、検索エンジンシェア。順に中国語、ロシア語、日本語になります。


Google Analytics検索エンジンシェア(中国語)


Google Analytics検索エンジンシェア(ロシア語)


Google Analytics検索エンジンシェア(日本語)


中国語は現在のシェア率は百度(Baidu)が1番だが、アクセス解析では3番手である。改善をする必要がある。ロシア語も現在のシェア率はYandexだが、アクセス解析では2番手である。こちらも改善をする必要がある。最後の日本語は特に対策をとっていなし、海外に比べたら難しくないのでどうでも良いのだが、シェア率とアクセス解析は一致しておりYahoo!、Googleの順である。


色んな角度からデータが取れるので、非常にマーケティングに役に立つ。
Google Analyticsを是非活用してみてくださいな!!


フランス語とスペイン語のサイト制作(翻訳がメイン)とSEO対策を行う予定だが今は話が流れている。話が進んでデータが取れたらこのブログに載せます。
・・・やらない可能性が高いけど。

Google Analyticsを利用してアクセス解析の紹介をしているサイトはたくさんある。日本人が作成した日本語のサイトが殆どなので、わたしは英語のサイトを紹介してみようと思う。


中古車の貿易サイトの英語版のアクセス解析を紹介します。

いくつか目標キーワードを決め、サイトを構成し、基本的なSEOのみを行ったサイト。
競合サイトはたくさんある。カービューや中古車輸出ビジネス大手「アガスタ」、日本中古車輸出業協同組合の加盟会社さんなど。


2008年3月1日?3月31日のデータになります。


Google Analyticsデータ


それほどアクセスがある訳ではないことがわかる。まだまだサイトへの流入を増やす必要があることがわかる。


ここで重要なのは、「直帰率」である。一番最初にサイトを訪問してそのページだけを見て見るのを止めてしまった率である。この数値が低ければ低いほどサイトの中身を見られていることになる。

平均サイト時間や平均ページビューも多ければ多いほどいいわけである。




次にどこの国からサイトにアクセスしているから見てみる。


Google Analytics地図上のデータ


緑の色が濃い程そこの国からのアクセスが多いということになる。アメリカやカナダ、イギリスなどからが多く、次いでオーストラリアのアクセスが多い。日本からのアクセスも多いが目的は、英語圏なのでどうでも良いのであまり関係がない。(より日本からのアクセスを少なくする必要はある)


このままアメリカのアクセスを伸ばすことと、インドやヨーロッパからのアクセスも増やすことも課題となる。




次にどの検索エンジンを利用してきたかを見てみる。


Google Analytics検索エンジンシェア率


検索エンジンシェア率同様、Google、Yahoo!、msn(live)の順である。少数だがaolやaltavistaを利用していることもわかる。




次に検索エンジンからどのキーワードでサイトにアクセスをしてきたのか見てみる。


Google Analytics検索エンジンキーワード

基本は、「Japan」や「Japanese」と組み合わせキーワードが多いことがわかる。
これは物凄い重要であることを言いたい。

日本では「中古車」という言葉で検索エンジンを利用するとき、その言葉自体が日本語なので、「日本にある中古車」と「日本で買う・売る中古車」と何も考えずに必然的に日本という国である。と思ってしまう。


これをそのまま、海外へ利用することは出来ない。出来るのはブランドを確立している言葉のみ。簡単に言えば、「中古車」に、「日本の中古車」、「中古車を日本から送ります」など「日本」という言葉をつけてあげれば言いだけ。

この理屈がわからない人多いのよね。非常に簡単な理屈。


また「中古車」は普通なら「used car」となると思うが、海外ではこのような言い方はあまりしない。これを知っているか知らないかで大きく差がでる。


わたしは、必ず外国に住んでいる外国人に確認をする。または海外生活が長い日本人の方に聞く。日本に住んでいる外国人は日本よりの解釈をす可能性があるのであてにならないし、海外に住んだことがない日本人に聞いても勉強のみの知識しかない。もちろん留学のみの人にも聞かない。ビジネスを知らない人に聞いても意味がないでしょう。時間の無駄です。


確認をして「Vehicles」や「Secondhand Cars」という言葉を利用することがわかったので、この言葉を利用した。意図したキーワードで、アクセスがあることがわかる。

このキーワードでサイトが増えるよう対策を行う必要がまだまだある。



最後にコンバージョンを見てみる。


Google Analyticsコンバージョン


今回はお問い合わせの数のカウントで、外国人がどの車が欲しいかというオファーメールの数になります。


3月は31日あるので、1日一回はお問い合わせがあったことになる。
このお問い合わせの数を増やすことの努力、改善を行う必要がある。


以外に外国人からのオファーを取得するかっていうこと自体が出来ない人が多い。
なので組合やらに加盟してそこからの情報を頼ったりするケースが多い。

Google Analyticsのアクセス解析は、まだまだ色んな角度から行うことが出来るので是非利用してみてください。また、鎖国の考えのもとでの日本語サイトだけでなく他言語でサイトを構築してみたらと思う。鎖国の時代じゃないですよ。

Google Analyticsを利用してアクセス解析の紹介をしているサイトはたくさんある。日本人が作成した日本語のサイトが殆どなので、わたしは英語のサイトを紹介してみようと思う。


中古車の貿易サイトの英語版のアクセス解析を紹介します。

いくつか目標キーワードを決め、サイトを構成し、基本的なSEOのみを行ったサイト。
競合サイトはたくさんある。カービューや中古車輸出ビジネス大手「アガスタ」、日本中古車輸出業協同組合の加盟会社さんなど。


2008年3月1日?3月31日のデータになります。


Google Analyticsデータ


それほどアクセスがある訳ではないことがわかる。まだまだサイトへの流入を増やす必要があることがわかる。


ここで重要なのは、「直帰率」である。一番最初にサイトを訪問してそのページだけを見て見るのを止めてしまった率である。この数値が低ければ低いほどサイトの中身を見られていることになる。

平均サイト時間や平均ページビューも多ければ多いほどいいわけである。




次にどこの国からサイトにアクセスしているから見てみる。


Google Analytics地図上のデータ


緑の色が濃い程そこの国からのアクセスが多いということになる。アメリカやカナダ、イギリスなどからが多く、次いでオーストラリアのアクセスが多い。日本からのアクセスも多いが目的は、英語圏なのでどうでも良いのであまり関係がない。(より日本からのアクセスを少なくする必要はある)


このままアメリカのアクセスを伸ばすことと、インドやヨーロッパからのアクセスも増やすことも課題となる。




次にどの検索エンジンを利用してきたかを見てみる。


Google Analytics検索エンジンシェア率


検索エンジンシェア率同様、Google、Yahoo!、msn(live)の順である。少数だがaolやaltavistaを利用していることもわかる。




次に検索エンジンからどのキーワードでサイトにアクセスをしてきたのか見てみる。


Google Analytics検索エンジンキーワード

基本は、「Japan」や「Japanese」と組み合わせキーワードが多いことがわかる。
これは物凄い重要であることを言いたい。

日本では「中古車」という言葉で検索エンジンを利用するとき、その言葉自体が日本語なので、「日本にある中古車」と「日本で買う・売る中古車」と何も考えずに必然的に日本という国である。と思ってしまう。


これをそのまま、海外へ利用することは出来ない。出来るのはブランドを確立している言葉のみ。簡単に言えば、「中古車」に、「日本の中古車」、「中古車を日本から送ります」など「日本」という言葉をつけてあげれば言いだけ。

この理屈がわからない人多いのよね。非常に簡単な理屈。


また「中古車」は普通なら「used car」となると思うが、海外ではこのような言い方はあまりしない。これを知っているか知らないかで大きく差がでる。


わたしは、必ず外国に住んでいる外国人に確認をする。または海外生活が長い日本人の方に聞く。日本に住んでいる外国人は日本よりの解釈をす可能性があるのであてにならないし、海外に住んだことがない日本人に聞いても勉強のみの知識しかない。もちろん留学のみの人にも聞かない。ビジネスを知らない人に聞いても意味がないでしょう。時間の無駄です。


確認をして「Vehicles」や「Secondhand Cars」という言葉を利用することがわかったので、この言葉を利用した。意図したキーワードで、アクセスがあることがわかる。

このキーワードでサイトが増えるよう対策を行う必要がまだまだある。



最後にコンバージョンを見てみる。


Google Analyticsコンバージョン


今回はお問い合わせの数のカウントで、外国人がどの車が欲しいかというオファーメールの数になります。


3月は31日あるので、1日一回はお問い合わせがあったことになる。
このお問い合わせの数を増やすことの努力、改善を行う必要がある。


以外に外国人からのオファーを取得するかっていうこと自体が出来ない人が多い。
なので組合やらに加盟してそこからの情報を頼ったりするケースが多い。

Google Analyticsのアクセス解析は、まだまだ色んな角度から行うことが出来るので是非利用してみてください。また、鎖国の考えのもとでの日本語サイトだけでなく他言語でサイトを構築してみたらと思う。鎖国の時代じゃないですよ。

Google Analyticsを利用してアクセス解析の紹介をしているサイトはたくさんある。日本人が作成した日本語のサイトが殆どなので、わたしは英語のサイトを紹介してみようと思う。


中古車の貿易サイトの英語版のアクセス解析を紹介します。

いくつか目標キーワードを決め、サイトを構成し、基本的なSEOのみを行ったサイト。
競合サイトはたくさんある。カービューや中古車輸出ビジネス大手「アガスタ」、日本中古車輸出業協同組合の加盟会社さんなど。


2008年3月1日?3月31日のデータになります。


Google Analyticsデータ


それほどアクセスがある訳ではないことがわかる。まだまだサイトへの流入を増やす必要があることがわかる。


ここで重要なのは、「直帰率」である。一番最初にサイトを訪問してそのページだけを見て見るのを止めてしまった率である。この数値が低ければ低いほどサイトの中身を見られていることになる。

平均サイト時間や平均ページビューも多ければ多いほどいいわけである。




次にどこの国からサイトにアクセスしているから見てみる。


Google Analytics地図上のデータ


緑の色が濃い程そこの国からのアクセスが多いということになる。アメリカやカナダ、イギリスなどからが多く、次いでオーストラリアのアクセスが多い。日本からのアクセスも多いが目的は、英語圏なのでどうでも良いのであまり関係がない。(より日本からのアクセスを少なくする必要はある)


このままアメリカのアクセスを伸ばすことと、インドやヨーロッパからのアクセスも増やすことも課題となる。




次にどの検索エンジンを利用してきたかを見てみる。


Google Analytics検索エンジンシェア率


検索エンジンシェア率同様、Google、Yahoo!、msn(live)の順である。少数だがaolやaltavistaを利用していることもわかる。




次に検索エンジンからどのキーワードでサイトにアクセスをしてきたのか見てみる。


Google Analytics検索エンジンキーワード

基本は、「Japan」や「Japanese」と組み合わせキーワードが多いことがわかる。
これは物凄い重要であることを言いたい。

日本では「中古車」という言葉で検索エンジンを利用するとき、その言葉自体が日本語なので、「日本にある中古車」と「日本で買う・売る中古車」と何も考えずに必然的に日本という国である。と思ってしまう。


これをそのまま、海外へ利用することは出来ない。出来るのはブランドを確立している言葉のみ。簡単に言えば、「中古車」に、「日本の中古車」、「中古車を日本から送ります」など「日本」という言葉をつけてあげれば言いだけ。

この理屈がわからない人多いのよね。非常に簡単な理屈。


また「中古車」は普通なら「used car」となると思うが、海外ではこのような言い方はあまりしない。これを知っているか知らないかで大きく差がでる。


わたしは、必ず外国に住んでいる外国人に確認をする。または海外生活が長い日本人の方に聞く。日本に住んでいる外国人は日本よりの解釈をす可能性があるのであてにならないし、海外に住んだことがない日本人に聞いても勉強のみの知識しかない。もちろん留学のみの人にも聞かない。ビジネスを知らない人に聞いても意味がないでしょう。時間の無駄です。


確認をして「Vehicles」や「Secondhand Cars」という言葉を利用することがわかったので、この言葉を利用した。意図したキーワードで、アクセスがあることがわかる。

このキーワードでサイトが増えるよう対策を行う必要がまだまだある。



最後にコンバージョンを見てみる。


Google Analyticsコンバージョン


今回はお問い合わせの数のカウントで、外国人がどの車が欲しいかというオファーメールの数になります。


3月は31日あるので、1日一回はお問い合わせがあったことになる。
このお問い合わせの数を増やすことの努力、改善を行う必要がある。


以外に外国人からのオファーを取得するかっていうこと自体が出来ない人が多い。
なので組合やらに加盟してそこからの情報を頼ったりするケースが多い。

Google Analyticsのアクセス解析は、まだまだ色んな角度から行うことが出来るので是非利用してみてください。また、鎖国の考えのもとでの日本語サイトだけでなく他言語でサイトを構築してみたらと思う。鎖国の時代じゃないですよ。

Googleが提供する、高機能な無料アクセス解析ツール。


Googleアカウントを取得すれば、誰でも無料で利用することが出来る。
月間アクセス500万ページビューの制約つきだが、そこまでのアクセスがない場合は十分である。


ログは2年分は残してもらえる。PDFやCSV、XMLにエクスポート出来るのでこまめに行うか、別のアクセス解析ソフトと併用することをオススメする。


サイトと登録して、Google Analyticsが発行するタグを、自サイトの<body>?</body>タグ内に貼り付ける。


基本は、</body>のすぐ上に貼り付ける。


導入のメリットは、「Urchin」という企業向けの高機能なアクセス解析ツールをベースに作られていること。導入が簡単。高機能。数値の表現がわかりやすい。どこのページを最後に見たのか、どれくらいの時間サイトにいたのか、サイトの中をきちんと見られているのか。などなど。分析するには申し分ない昨日が入っている。


さらに特徴として、コンバージョン設定が4つまで出来ること。
これは非常にありがたい機能。例えばお問い合わせの数をカウントしたい。また商品購入した人をカウントしたい。など目標値を定め計測が出来るということ。


お問い合わせを完了せずに、途中でやめてしまった人もカウント出来る。
お問い合わせページに来て、お問い合わせをやめたということは、そのお問い合わせのページに問題がある可能性がる。説明が悪かったり、入力する項目が多すぎたりなどを改善の要素を見つけ出すことも出来る。


是非一度利用することをオススメしたい。

Googleが提供する、高機能な無料アクセス解析ツール。


Googleアカウントを取得すれば、誰でも無料で利用することが出来る。
月間アクセス500万ページビューの制約つきだが、そこまでのアクセスがない場合は十分である。


ログは2年分は残してもらえる。PDFやCSV、XMLにエクスポート出来るのでこまめに行うか、別のアクセス解析ソフトと併用することをオススメする。


サイトと登録して、Google Analyticsが発行するタグを、自サイトの<body>?</body>タグ内に貼り付ける。


基本は、</body>のすぐ上に貼り付ける。


導入のメリットは、「Urchin」という企業向けの高機能なアクセス解析ツールをベースに作られていること。導入が簡単。高機能。数値の表現がわかりやすい。どこのページを最後に見たのか、どれくらいの時間サイトにいたのか、サイトの中をきちんと見られているのか。などなど。分析するには申し分ない昨日が入っている。


さらに特徴として、コンバージョン設定が4つまで出来ること。
これは非常にありがたい機能。例えばお問い合わせの数をカウントしたい。また商品購入した人をカウントしたい。など目標値を定め計測が出来るということ。


お問い合わせを完了せずに、途中でやめてしまった人もカウント出来る。
お問い合わせページに来て、お問い合わせをやめたということは、そのお問い合わせのページに問題がある可能性がる。説明が悪かったり、入力する項目が多すぎたりなどを改善の要素を見つけ出すことも出来る。


是非一度利用することをオススメしたい。

Googleが提供する、高機能な無料アクセス解析ツール。


Googleアカウントを取得すれば、誰でも無料で利用することが出来る。
月間アクセス500万ページビューの制約つきだが、そこまでのアクセスがない場合は十分である。


ログは2年分は残してもらえる。PDFやCSV、XMLにエクスポート出来るのでこまめに行うか、別のアクセス解析ソフトと併用することをオススメする。


サイトと登録して、Google Analyticsが発行するタグを、自サイトの<body>?</body>タグ内に貼り付ける。


基本は、</body>のすぐ上に貼り付ける。


導入のメリットは、「Urchin」という企業向けの高機能なアクセス解析ツールをベースに作られていること。導入が簡単。高機能。数値の表現がわかりやすい。どこのページを最後に見たのか、どれくらいの時間サイトにいたのか、サイトの中をきちんと見られているのか。などなど。分析するには申し分ない昨日が入っている。


さらに特徴として、コンバージョン設定が4つまで出来ること。
これは非常にありがたい機能。例えばお問い合わせの数をカウントしたい。また商品購入した人をカウントしたい。など目標値を定め計測が出来るということ。


お問い合わせを完了せずに、途中でやめてしまった人もカウント出来る。
お問い合わせページに来て、お問い合わせをやめたということは、そのお問い合わせのページに問題がある可能性がる。説明が悪かったり、入力する項目が多すぎたりなどを改善の要素を見つけ出すことも出来る。


是非一度利用することをオススメしたい。

ソフトバンクモバイルは、年内(2008年)にて「iPhone」を発売することで、アップルと契約を締結したと発表した。


2008年の携帯市場において目玉のひとつとされていましたが
ついにキャリアが決まりましたか。やはりSoftBankからでしたか。


目玉は、以下の3つ。
. 2008年春からdocomoの検索エンジンにGoogleモバイルを採用
2008年4月1日よりGoogleモバイルを搭載開始

. iPhoneの発売(docomo or SoftBank)
2008年6月4日、SoftBankにて販売を発表、年内にて発売開始が決定

. Googeの携帯端末のためのオープンな総合プラットフォーム「Android(アンドロイド)」搭載の携帯端末の販売
年内(2008年)には「Android(アンドロイド)」搭載した端末を発売の予定、まずは欧米にて発売をされるとされているが、まだ不明


だけが残る感じ。


のdocomoにGoogleモバイルを採用したことは大きい。元々auはGoogleモバイルを、SoftBankはYahoo!モバイルを採用しており、知っていた人が使っていたような感じもするが、Yahoo!モバイルから検索を行う人が多かった。


docomoにGoogleモバイル採用した2008年4月1日からアクセスは、Googleモバイルからのユーザーが急増している。いくつかのサイトで実証済み。
しかし、Googleモバイルの検索結果は、現在不完全で、非常によろしくない。数年前にパソコンの現象と似ており「Amazon」が上位表示されたり、情報もまったくないアフィリエイトサイトが上位に表示されたりとユーザに不快を与える検索結果になっている。

まあ、改良をしている段階のようだ。


そして、の本日発表されたSoftBankからの「iPhone」年内発売の発表。
これは、Yahoo!モバイルが検索シェアを盛り返すのかと思い、楽しくなってきたー


と思っていたらYahoo!検索スタッフブログにYahoo!のPCサイトの検索の仕方の記事があがっていました。まだなんともいえないけど、「iPhone」がYahoo!のPCサイトのみ検索を採用した場合、日本での携帯の検索市場はGoogleモバイルに持っていかれてしまうかもしれません。Yahoo!モバイルも利用可能とした場合は変わってくるでしょう。


一方docomoは「iPhone」販売の交渉は続けて行くということ言ってはいるものの、あんまり交渉に力を入れているようには見えない。


色んな情報からdocomoは、音楽や映像ビジネスではなく、金融ビジネスに力を入れていること。

年内にインドが第3世代(3G)携帯を導入予定で、通信方式の選択においてdocomoの名前があがっている。こちらの方に力を注いでいるのようではないかと自分は推測している。


成熟した日本市場よりも今まで培ったノウハウで、明らかにこれから数十年後には日本を越す経済成長をするインドに投資をしないわけがない。もし自分が経営者ならば、迷わず、インドに投資をするでしょう。


今年は、携帯市場が大きく変わる年と言われはいるが、静かにゆっくりと動いてます。


自分としては一人で盛り上がっている状況でありあり


参照記事
「iPhone」について | ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイルは、年内(2008年)にて「iPhone」を発売することで、アップルと契約を締結したと発表した。


2008年の携帯市場において目玉のひとつとされていましたが
ついにキャリアが決まりましたか。やはりSoftBankからでしたか。


目玉は、以下の3つ。
. 2008年春からdocomoの検索エンジンにGoogleモバイルを採用
2008年4月1日よりGoogleモバイルを搭載開始

. iPhoneの発売(docomo or SoftBank)
2008年6月4日、SoftBankにて販売を発表、年内にて発売開始が決定

. Googeの携帯端末のためのオープンな総合プラットフォーム「Android(アンドロイド)」搭載の携帯端末の販売
年内(2008年)には「Android(アンドロイド)」搭載した端末を発売の予定、まずは欧米にて発売をされるとされているが、まだ不明


だけが残る感じ。


のdocomoにGoogleモバイルを採用したことは大きい。元々auはGoogleモバイルを、SoftBankはYahoo!モバイルを採用しており、知っていた人が使っていたような感じもするが、Yahoo!モバイルから検索を行う人が多かった。


docomoにGoogleモバイル採用した2008年4月1日からアクセスは、Googleモバイルからのユーザーが急増している。いくつかのサイトで実証済み。
しかし、Googleモバイルの検索結果は、現在不完全で、非常によろしくない。数年前にパソコンの現象と似ており「Amazon」が上位表示されたり、情報もまったくないアフィリエイトサイトが上位に表示されたりとユーザに不快を与える検索結果になっている。

まあ、改良をしている段階のようだ。


そして、の本日発表されたSoftBankからの「iPhone」年内発売の発表。
これは、Yahoo!モバイルが検索シェアを盛り返すのかと思い、楽しくなってきたー


と思っていたらYahoo!検索スタッフブログにYahoo!のPCサイトの検索の仕方の記事があがっていました。まだなんともいえないけど、「iPhone」がYahoo!のPCサイトのみ検索を採用した場合、日本での携帯の検索市場はGoogleモバイルに持っていかれてしまうかもしれません。Yahoo!モバイルも利用可能とした場合は変わってくるでしょう。


一方docomoは「iPhone」販売の交渉は続けて行くということ言ってはいるものの、あんまり交渉に力を入れているようには見えない。


色んな情報からdocomoは、音楽や映像ビジネスではなく、金融ビジネスに力を入れていること。

年内にインドが第3世代(3G)携帯を導入予定で、通信方式の選択においてdocomoの名前があがっている。こちらの方に力を注いでいるのようではないかと自分は推測している。


成熟した日本市場よりも今まで培ったノウハウで、明らかにこれから数十年後には日本を越す経済成長をするインドに投資をしないわけがない。もし自分が経営者ならば、迷わず、インドに投資をするでしょう。


今年は、携帯市場が大きく変わる年と言われはいるが、静かにゆっくりと動いてます。


自分としては一人で盛り上がっている状況でありあり


参照記事
「iPhone」について | ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイルは、年内(2008年)にて「iPhone」を発売することで、アップルと契約を締結したと発表した。


2008年の携帯市場において目玉のひとつとされていましたが
ついにキャリアが決まりましたか。やはりSoftBankからでしたか。


目玉は、以下の3つ。
. 2008年春からdocomoの検索エンジンにGoogleモバイルを採用
2008年4月1日よりGoogleモバイルを搭載開始

. iPhoneの発売(docomo or SoftBank)
2008年6月4日、SoftBankにて販売を発表、年内にて発売開始が決定

. Googeの携帯端末のためのオープンな総合プラットフォーム「Android(アンドロイド)」搭載の携帯端末の販売
年内(2008年)には「Android(アンドロイド)」搭載した端末を発売の予定、まずは欧米にて発売をされるとされているが、まだ不明


だけが残る感じ。


のdocomoにGoogleモバイルを採用したことは大きい。元々auはGoogleモバイルを、SoftBankはYahoo!モバイルを採用しており、知っていた人が使っていたような感じもするが、Yahoo!モバイルから検索を行う人が多かった。


docomoにGoogleモバイル採用した2008年4月1日からアクセスは、Googleモバイルからのユーザーが急増している。いくつかのサイトで実証済み。
しかし、Googleモバイルの検索結果は、現在不完全で、非常によろしくない。数年前にパソコンの現象と似ており「Amazon」が上位表示されたり、情報もまったくないアフィリエイトサイトが上位に表示されたりとユーザに不快を与える検索結果になっている。

まあ、改良をしている段階のようだ。


そして、の本日発表されたSoftBankからの「iPhone」年内発売の発表。
これは、Yahoo!モバイルが検索シェアを盛り返すのかと思い、楽しくなってきたー


と思っていたらYahoo!検索スタッフブログにYahoo!のPCサイトの検索の仕方の記事があがっていました。まだなんともいえないけど、「iPhone」がYahoo!のPCサイトのみ検索を採用した場合、日本での携帯の検索市場はGoogleモバイルに持っていかれてしまうかもしれません。Yahoo!モバイルも利用可能とした場合は変わってくるでしょう。


一方docomoは「iPhone」販売の交渉は続けて行くということ言ってはいるものの、あんまり交渉に力を入れているようには見えない。


色んな情報からdocomoは、音楽や映像ビジネスではなく、金融ビジネスに力を入れていること。

年内にインドが第3世代(3G)携帯を導入予定で、通信方式の選択においてdocomoの名前があがっている。こちらの方に力を注いでいるのようではないかと自分は推測している。


成熟した日本市場よりも今まで培ったノウハウで、明らかにこれから数十年後には日本を越す経済成長をするインドに投資をしないわけがない。もし自分が経営者ならば、迷わず、インドに投資をするでしょう。


今年は、携帯市場が大きく変わる年と言われはいるが、静かにゆっくりと動いてます。


自分としては一人で盛り上がっている状況でありあり


参照記事
「iPhone」について | ソフトバンクモバイル株式会社

言語選択ツール

| | カテゴリ : サイト制作 , パソコン

どうせなら英語にもなってくれないかな。

なんて思っていたら、Googleからツールが出ていたのね


Google翻訳ガジェット


いい感じ?セヨ


対応言語一覧

アラビア語
イタリア語
オランダ語
ギリシャ語
クロアチア語
スウェーデン語
スペイン語
チェコ語
デンマーク語
ドイツ語
ノルウェー語
ヒンディー語
フィンランド語
フランス語
ブルガリア語
ポーランド語
ポルトガル語
ルーマニア語
ロシア語
英語
韓国語
中国語(簡体)
中国語(繁体)
日本語

言語選択ツール

| | カテゴリ : サイト制作 , パソコン

どうせなら英語にもなってくれないかな。

なんて思っていたら、Googleからツールが出ていたのね


Google翻訳ガジェット


いい感じ?セヨ


対応言語一覧

アラビア語
イタリア語
オランダ語
ギリシャ語
クロアチア語
スウェーデン語
スペイン語
チェコ語
デンマーク語
ドイツ語
ノルウェー語
ヒンディー語
フィンランド語
フランス語
ブルガリア語
ポーランド語
ポルトガル語
ルーマニア語
ロシア語
英語
韓国語
中国語(簡体)
中国語(繁体)
日本語

言語選択ツール

| | カテゴリ : サイト制作 , パソコン

どうせなら英語にもなってくれないかな。

なんて思っていたら、Googleからツールが出ていたのね


Google翻訳ガジェット


いい感じ?セヨ


対応言語一覧

アラビア語
イタリア語
オランダ語
ギリシャ語
クロアチア語
スウェーデン語
スペイン語
チェコ語
デンマーク語
ドイツ語
ノルウェー語
ヒンディー語
フィンランド語
フランス語
ブルガリア語
ポーランド語
ポルトガル語
ルーマニア語
ロシア語
英語
韓国語
中国語(簡体)
中国語(繁体)
日本語

プロフィール

Kamitani79
ニックネーム : Kamitani79
映画鑑賞、音楽、写真、ゲーム。地元・横浜をこよなく愛する( `・∀・´)ノヨロシク
自己紹介 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯サイト

つながり

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - Kamitani79-メロンとバナナとブログ
  • SEO
    loading
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.2.4

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。